アメリカのFloridaからカナダのOntarioを目指すサバイバルゲーム『Death Road to Canada』のKickstarterが更新され、2枚のスクリーンショットと2つの動画が公開された。この画像と映像から、本作がどのようなゲームなのかが見えてくるかもしれない。

 

画像出典: Kickstarter

画像出典: Kickstarter

1枚目のスクリーンショットは、「Choose Your Own Adventure」イベントのワンシーンだという。骸骨の右には「へんじがない、ただのしかばねのようだ」といった感じのテキストがあり、プレイヤーは「OK」か「COOL IT」のどちらかを選択しなければならないのだろう。これはサバイバルゲームでよくあるイベントであり、選んだ結果によって何かが起きる仕組みである。本作が“Permadeath”を強調しているあたり、結果によっては即死することもありそうだ。

 

画像出典: Kickstarter

画像出典: Kickstarter

2つの動画はKickstarter上で公開されており、埋め込み不可となっている。気になる方は、こちらにアクセスして確認してほしい。この動画は、車での移動時を収録したものである。ただ移動するのではなく、仲間との会話が発生するようだ。会話の選択しだいでモラルが変化し、低くなれば仲間割れなどが起きるのだろう。これもまたサバイバルゲームではおなじみといったところだろうか。

 

画像出典: Kickstarter

画像出典: Kickstarter

2枚目の画像は、インベントリのスクリーンショットである。画面左上はキャラクターのポートレイト、その下はメインとサブウェポンだろう。3種類の弾薬があり、ピストル・ライフル・ショットガンにわかれている。このインベントリには、燃料や食料、救急キットの残数も表示されている。

アクション色を強くした『Organ Trail』といったところである。燃料が尽きるまで車で移動し、立ち止まった場所で資源をあさり、カナダに到着するまで繰り返すのだろう。戦闘に関してはまったく別物だが、iOS/Android版も計画されている『Infectonator: Survivors』にもよく似ている。

昨年10月の時点では、2015年の第1四半期に発売予定となっていたのだが、さらに遅れるようだ。さらなるコンテンツの磨き上げをし、夏までにはリリースしたいとのこと。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

『Pumped BMX 2』が初セール。豊富なチャレンジが飽きさせないBMXゲーム
iPad/Androidタブレット版『Door Kickers』が開発中。SWATを操るリアルタイムストラテジー

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.