Aralon sword and shadow HDは、The Elder Scrollsシリーズが好きならきっとハマれるRPGです。
好みで一人称と三人称を選ぶこともでき、細かい部分も良くできています。

Aralon sword and shadow HDで遊ぼう


どうして俺はこんなにブサイクなのか…。
Humanは万能で【Warrior】【Paladin】【Rogue】【Ranger】【Mage】全てのクラス、そして男と女がいる。
Elfも頭が良いから【Warrior】【Paladin】【Rogue】【Ranger】【Mage】全てのクラスと性別がある。
それなのにTrollは【Warrior】【Paladin】【Rogue】の三種類のクラスしかできないし、男しかいない…。
頭の良い奴らはエスカレーターを上がるように大学まで進み【Paladin】になっていった。
Trollが聖騎士なんて想像もできないから、俺は学校では【Rogue】を専攻した。
はぁ…。
俺もHumanやElfに生まれたかった…。


死んだと思っていた父が、実は生きていることを知った。
男しかいないのに、どうやって俺が生まれたのかを知りたい。
真相を知るためには父に会うしかない。
だから俺は父を探す旅に出ることにした。
まずは身支度をしなければならない。
部屋の隅にある薄汚れた箱の中から、役に立ちそうな物を取り出そう。
剣や盾などは、手に入れるだけでは意味が無い。装備してこそ効果を発揮する。

冒険の準備


画面左上のバッグをタップすれば、持ち物の確認・装備の変更・自分の情報・スキル・現在受けているクエスト・マップの確認・クラフト・アチーブメント・セーブデータの管理やゲーム内課金まで全てが揃っている。
バッグの中の装備したいアイテムをタップすると、【Equip】と【Link】の二つのボタンが表示される。
【Equip】をタップすれば装備できる。
【Link】をタップすると、アクションバーのスロットにそのアイテムをセットすることができる。
つまり、わざわざバッグを開いて使用するのが面倒なら、アクションバーのスロットに使用したいアイテムをLinkさせておけばいい。


頭の上に「!」が表示されているNPCに話しかけるとクエストを受けることができる。
この男の子は犬を探してきてほしいようだ。
待て、俺はTrollだ。子供なんて食ってしまえばいいじゃないか。
残念ながら「食べる」ボタンは無い。
とにかく、頭の上に「!」が表示されているNPCを見つけたら話しかけるといい。
Trollだから無視されるということもない。嫌そうな顔をしながら、クエストを与えてくれる。


今受けているクエストはいつでも確認できる。
人生の目標が見えなくなったら、バッグのアイコンをタップして確認するといい。
クエストを完了すれば報酬が貰える。


相手が何であろうと、自分に襲い掛かってくるなら戦うしかない。
倒せば戦利品を手に入れることもできるし、レベルアップに必要なXPも獲得できる。

村を去って冒険に出よう


二つもクエストを完了したわけだから、俺はこの村のちょっとしたヒーローだ。
それなのに歩いていると周りから「クスクス」と笑い声が聞こえる。
俺はHumanやElfとは違うんだ…。
俺は泣いた。
この村に居続けても父を見つけることはできないから、俺は村を去ることにした。
誰かが引き止めてくれるかもしれないと思い少し立ち止まってみたが、誰も俺のことなんて気にかけていないようだ。
さよなら。


村を出て少し歩くと、何処へ向かえばいいのかわからないことに気付いた。
父を探すことは決まっているが、何を手がかりにすればいいのか。
そういえば、頼まれていたことがある。
「Quest」をタップすれば、おつかいリストが表示される。
そこに書いてある「Taryn Ridge」という村を目指すことにした。
村には女がいるだろうか?俺のことを笑顔で受け入れてくれるだろうか?
「Taryn Ridge」の場所はMapに記されている。
親切なマップではないが、無いよりマシだ。


「Taryn Ridge」に向かう途中で立ち寄った水車小屋の中で、鍵のかかった宝箱を発見した。
一応Rogueの授業では鍵開けについても学んだから、Pick Lockスキルは覚えている。
雑誌の袋とじが気になるように、空かない宝箱ほど中身が欲しくなるものだ。
後ろでこの水車小屋の住人が見ているが、かまわずロックを解除した。
ああ、俺は悪人になるのか…。
どうせ俺はTrollだし、人間には受け入れてもらえない。
それなら悪の道に染まりつつ父を探せばいい。


世の中そんなに甘くない。
水車小屋の住人は怒り狂って俺を叩きのめした。
意識が遠くなり、体温が下がっていく。
だが俺は恐怖心は無かった。なぜなら【Continue Last Save】で最新のセーブデータからやり直せることを知っていたからだ。
強くなったら、再びこの小屋の宝箱を奪ってやると誓った。


強くなりたい。
どうすれば強くなれるのか。
その方法はいくつかある。
高性能の装備品を揃えることと、日々鍛錬を積み己を鍛えることだ。
【Strength】【Agility】【Endurance】【Intellect】【Spirit】に、ポイントを振り分けて強くなることにした。
単純に攻撃力を上げたいなら【Strength】、クリティカルやドッヂの確率を上げたいなら【Agility】、ヘルスを増やしたいなら【Endurance】、スキルに必要なエナジーを増やしたいなら【Intellect】、ヘルスやエナジーの回復速度を上げたいなら【Spirit】。


体を鍛えるだけではなく、新しい技を身に付けることも重要だ。
俺はRogueだから体力には自信が無い。だから素早く相手の息の根を止めることができるようにSkillを覚えることにした。
まずはThigh Cutを最大まで上げる。すると、Stealthが習得できるようになる。そしてBackstabを覚える。
闇の中から忍び寄り、後ろから強烈な一撃を加えることができるようになる。
卑怯かもしれないが、これがRogueなのだ。
どうせ俺はTrollだから、どんな戦い方をしても人々に受け入れられることなんて無いのだ。
Skillを覚えたら、Linkさせることを忘れないように。


Stealthは姿を消すことができるが、相手に発見されてからでは使えない。
相手が気付かないうちに姿を消し、忍び寄って攻撃するんだ。
BackstabはSkillを使用しただけでは攻撃しない。Backstabを使用し、2秒以内に相手を攻撃すること。Stealth状態であり、相手の背後に立っていることが条件。
スキルを使用するには条件が定められている場合があるので、覚える時に確認しておくといい。


時には心を整えることも大切だ。
川のせせらぎを聞きながら、釣りに没頭するのもいいだろう。
Fishing Poleを装備すれば、君も今日から釣りキチ三平だ。


俺は村に到着した。
なんだか活気の無い村だ。
まずは頼まれている「Sufokとの会話」を済まさなければならないので、Sufokを探すことにした。


Sufokさんは村の中で一番大きな建物の中にいた。
Sufokさんがいるこの建物は、Red Lionという宿屋だ。
経営がうまくいってる気配は無いが、こんな小さな村でも人を迎え入れるために宿屋を経営しているわけだから、Sufokさんは立派な人だと思う。
早速用件を済ませることにした。


会話の選択肢に、「*」が付いているものは、クエストが受けられるような重要な会話を意味する。
画面右下に「Trade」のボタンが表示されていれば、会話しているNPCと取引ができる。
道中で人々から奪い取った物を売って金にしよう。


基本的にはクエストを受け、与えられた仕事やりつつ冒険を進めていく。
レベルを上げて強くなり、新しいスキルを身に付ければいい。
ダンジョンで宝箱を見つけたり、他人の宝箱の中身をネコババしたり、好きなように遊べばいい。
もちろんストーリーを進めることは重要だけど、いかに楽しくゲームを遊ぶかのほうが大事。

Aralon sword and shadowの感想

動作も軽くて操作も簡単。
The Elder Scrolls 3のアーティストだったMark Jonesも関わっているので、キャラクターやMobのデザインも良い感じ。攻撃のモッサリ感もTESシリーズに近い。
Reputationがあり、悪事を繰り返せば悪人になってしまうという細かい拘りもある。
さらに冒険を進めていけばクラフトもでき、とても遊び甲斐のあるゲーム。
オプションでは、一人称と三人称の視点を選択することもできます。
全て英語だけど、洋物ゲームで頻繁に登場する英語だけを知っていれば問題無いと思います。
初めて英語のゲームで遊ぶという方は、この機会に色々と覚えてみてはいかがでしょうか?
発売が迫るRavensword 2(Ravensword: Shadowlands)を購入するまで、Aralon: sword and shadowで遊ぶのもいいかもしれません。

現在の価格は450円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Crescent Moon Games LLC
(c) 2012 Crescent Moon Games

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Halfbrickのゲームが24時間限定で無料配信中
100を目指すパズルゲームHundredsのiOS版が1月3日に配信予定

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

6 Responses

  1. 匿名

    住民殺したら、殺した後でオートセーブされてて、レベル9なのにレベル30の市民にめためたにされてどうしようもないので初期化しましたー( ;´Д`)

    返信
    • troll

      素晴らしい遊び方をされたようですね!
      レベルを上げてから、再び人々を恐怖のどん底に陥れてあげましょう!

      返信
  2. 野武士

    Aralonはいいですよね、既に2度クリアしました
    新作ももう何日かで出ますがマップがAralon同様エリアごとに区切られてるか、それとも完全なオープンワールドなのか…
    ここまで期待するのは酷ですかね?
    グラの進化は凄いですね、ちょっと物足りないオブリビオンくらいとでも言いましょうか、十分に綺麗ですよね

    返信
    • troll

      Ravenswordの新作にも期待しちゃいますねー。
      僕もRavensword: Shadowlandsの動画を見ましたが、グラフィック凄いですね。
      キャラメイクでTrollやOrcがあるかどうかが、一番気になっています…。

      返信
  3. E

    Trollが可哀想だと思った(小並感)
    子供がいるのは…きっと母親は人間なんでしょうね

    返信
    • troll

      Trollなのに聖騎士Paladinになれるのは、母親がHumanという可能性大ですね。
      HumanがTrollに惚れるなんて…。

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.