椅子に座ってパソコンでゲームするのではなく、iPadでゴロゴロしながら遊びたい。
カジュアルなゲームじゃなくて、ボリュームたっぷりで長く遊べるゲームがいい。

Avadon: The Black Fortress HD

avadon-the-black-fortress-hd-review-001 Avadonに仕える者となり、5つの同盟国を侵略者から守ることが使命となる、ボリュームたっぷりのクラシックなファンタジーRPGです。
デベロッパーであるSpiderweb Softwareの代表作であるAvernumシリーズに比べると、かなり遊びやすい印象を受けました。
Avernum: Escape From The Pitはかなり古いゲームのリメイクで、Avadon: The Black Fortress HDは2011年に発売された比較的新しいタイトルだからでしょうか?
遊びやすいと言っても、英語のテキスト量は多いですし、最近のRPGでは当たり前となっている「!」と「?」を往復すれば解決できるクエストシステムではありません。
ジャーナルに記されたクエスト内容を何度も読みながら、目的地や達成条件を読み取り、それなりの根気と努力が必要になるゲームです。

avadon-the-black-fortress-hd-review-002
キャラメイクは、Avernum: Escape From The Pitに比べると自由度が低いです。
タイプとキャラクターの見た目は固定になっており、4人の中から主人公をどれにするか選択し、名前を変更できるだけです。
ブサ男が世界を救うという設定で遊びたい僕には不満に感じましたが、ブサ男に命を助けられても素直に感謝できないと思うので、我慢して遊ぶことにしました。
Avernum: Escape From The Pitと同じように難易度設定があり、「Casual」「Normal」「Hard」「Torment」から選択することができます。ゲームの途中でも変更することができます。

avadon-the-black-fortress-hd-review-003
フィールドを移動する時は、移動地点をタップすることでその場に自動で進んでくれます。
背筋をシュッとさせて姿勢良く、小走りで目的地に向かってくれます。

avadon-the-black-fortress-hd-review-004
モンスターと遭遇することで戦闘が開始され、ここからはターンベースになります。
移動や攻撃、アイテムやアビリティの使用など、全てはAP(アクションポイント)を消費して行います。APがゼロになると、そのキャラの行動は終了となります。
俺は何もやりたくない!というのであれば、そのキャラクターを2回タップすることで、そのキャラクターの行動を終了させることができます。
モンスターを直接タップすると、モンスターに向かって移動して射程範囲内に入れば自動で攻撃してくれますが、そのモンスターがキャラクターの視界に入っていることが条件になります。
薄暗い場所や、壁などで遮断されている場合は、モンスターの姿が見える場所まで移動する必要があります。
弱いモンスター相手の場合はそれほど戦略性の高い戦闘ではありませんが、強敵が相手となれば遠距離攻撃やアビリティを駆使して白熱した戦いになります。
ヘルスは戦闘が終わればすぐに回復しますが、アビリティ使用に必要なバイタリティはポーションを飲むかAvadonに戻らないと回復しません。

avadon-the-black-fortress-hd-review-005
Avernum: Escape From The Pitとは違って、アビリティにはターン制限があります。
一度使用すると、数ターン待たなければなりません。
逆に、ソーサレスは通常攻撃が遠距離のファイアボルトとなっていますので、Avernum: Escape From The Pitに比べて不便になったという感じはありません。

avadon-the-black-fortress-hd-review-006
箱やクローゼット、樽やモンスターの巣からは、様々なアイテムが手に入ります。
とにかくゴミが多いですが、ゴミを無くして綺麗な国にすることも重要かもしれませんね。
全身を頑丈な鎧で覆われた兵士が倒れていて、持ち物を盗んでやろうとポケットに手を突っ込むと、誰かの腕とかゴミクズがいっぱい入っているわけです。
不要なアイテムが登場したり、買う必要の無いアイテムが売られていたり、そういうのがあるRPGって楽しいですよね。

avadon-the-black-fortress-hd-review-007
ベッドや椅子がある生活を送っているのに、食事は床に並べる。
最近まで裸で暮らしていたけど、新しく文明が入ってきて、生活に変化が起きている途中かもしれません。
一体どんな生活環境なのか、想像力を膨らませて遊ぶことも大事です。

avadon-the-black-fortress-hd-review-008
受けたクエストを完了させるのは、結構大変です。
ジャーナルには、目的地や人物の名前が記されますが、クエストを受けたNPCの名前と場所も覚えておかないと苦労します。
特定のクエストを終わらせないと次のゾーンに進むことができないので、進みすぎて迷子になることはありません。

avadon-the-black-fortress-hd-review-009
僕は古い洋物RPGで遊んだ経験はほとんどなく、学生時代にルナティックドーンを少しかじった程度です。
ブーム?に乗って古いRPGで遊びたいと思い、まずはBaldur’s Gate: Enhanced Editionを購入しましたが、チュートリアルすらクリアできないという自分のショボさに悲しくなりました。
次にAvernum: Escape From The Pitを遊んでみたところ、チュートリアルが無くてもいいほど遊びやすかったのですが、途中で自分が何をしているのかわからなくなり、未解決のクエストが山積みになってしまいました。
そして最後に、Avadon: The Black Fortress HDを遊び、これはいけると感じました。
英語の壁は高いのですが、このゲームで遊ぶこと自体が僕にとっての冒険という感じで、ストーリーに関係の無い妄想をしながら、寝転がって遊んでいます。
これからクラシックな洋物RPGで遊んでみようと思っている方は、検討してみてください。

Avadon 2: The Corruptionは、今年の秋に発売予定となっています。

現在の価格は850円となっており、iPad専用タイトルで英語のみです。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを再確認してください。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Spiderweb Software
(c) 2011 Spiderweb Software

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Star Commandが配信開始されました
Leviathan: Warshipsが配信開始

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.