『Back to Bed』は、2011年の秋にゲーム開発者(学生)のためのプログラムDADIU(Danish Academy of Digital, Interactive Entertainment)で作られたもので、現在も公式サイトからダウンロードしてプレイ(Win/Mac)できます。

『Back to Bed』は、眠った状態で歩き続けるBobを目覚めさせずにベッドへと導くパズルゲームです。プレイヤーは犬のようなキャラクターSubob。Bobは煙突や壁など障害物にあたると右折するという特徴をもっており、青リンゴを配置して進路を変更していきます。

ステージのつくりはM.C. Escher氏やSalvador Dali氏から影響を受けているように思えます。これは不思議な夢の世界と見事にマッチしています。

ステージのつくりはM.C. Escher氏やSalvador Dali氏から影響を受けているように思えます。これは不思議な夢の世界と見事にマッチしています。

ベッドに「ファサッ」と倒れこむBobの寝顔を見ていると、自分も眠くなってしまうことでしょう。

ベッドに「ファサッ」と倒れこむBobの寝顔を見ていると、自分も眠くなってしまうことでしょう。

『Back to Bed』は、2012年のDutch Game Awardsにて「Guts & Glory Award」を受賞し、同年のUnity AwardsNordic Game Indie Nightではファイナリスト、2013年のIndependent Games FestivalではStudent Showcase、そして、2013年3月にはKickstarterで1万3312ドルの資金調達に成功しています。

もしかすると、2014年4月にリリースされた『Monument Valley』は、本作に影響を受けたのかもしれませんね。

『Back to Bed』のリリースは2014年8月が予定されており、対応プラットフォームは PC/Mac/Linux/iOS/Android となっています。

Via: IndieGames.com

Source: BedtimeDigitalGames

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

『Fire with Fire』対戦型タワーディフェンス。リリースは2014年内を予定
Fates Forever 初心者ガイド Part.3 自分に合うヒーローを使いましょう

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.