近年のモバイルゲームは“アート”がキーワードになっているような気がする。『Blek』や『Monument Valley』など洗練されたデザインに惚れた方も多いだろう。カラーリングやかわいらしさも含めれば『Threes!』もその仲間に入るのではないだろうか。芸術的なビジュアルは一目で人を魅了する。『Back to Bed』もまた、その類である。Salvador Dalí(サルバドール・ダリ)、Maurits Cornelis Escher(マウリッツ・コルネリス・エッシャー)、René François Ghislain Magritte(ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット)など、著名芸術家の作品から影響を受けたと思われる夢の世界を、1人の男がさまよう。夢遊病を患った彼を、優しく包み込むベッドへと導くパズルゲームである。開発を手がけたのは、デンマークにスタジオを構えるインディーデベロッパーBedtime Digital Games

『Back to Bed』が誕生したのは2011年のクリスマスこと。学生のゲーム教育プログラムDADIUの下で6週間にわたって開発された。2012年のDutch Game Awardsでは「Guts & Glory Award」、2013年にはIndependent Games Festivalにて「Student Showcase」、昨年のCasual Connect Europeでは「Best Console」、さまざまな賞を受賞している。

日本語訳のなかには不自然な部分もあるのだが、ゲームプレイに支障をきたすほどではないだろう。直感的に操作できるのだから、言葉の壁はほとんどないといってもよい。若干ながら操作の軽さを不満に感じるかもしれない。見た目にピンときたのであれば、人面犬のようなキャラクターとなってBobの進行をコントロールし、無事にベッドへと連れて行ってあげてほしい。

次の作品のコンセプトだろうか。

『Back to Bed』の価格は200円です。価格は変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて最終確認をお願いします。また、対応デバイスにもご注意ください。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Surreal Games ApS

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

勇者は寝て育つ、“アラームプレイングゲーム”『dreeps』。発売は2015年1月21日を予定
人気ローグライクの続編『The Enchanted Cave 2』、iOS/Android版のリリースは2015年3月を予定

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.