難しいことは考えずに、直感で楽しめばいいと思う。

badland-review-001
BADLANDを開発したFrogmindは、フィンランドにあるインディーゲームスタジオで、元RedLynxの二人によって運営されている。
BADLANDの画像や動画を見て、「どこかで見たことがあるような」と思った人は、MotoHerozで遊んだことがあるからだと思う。

badland-review-002
何故なら、MotoHerozを開発したのはRedLynxであり、デザイナーは現FrogmindのJuhana Myllys氏だから。

badland-review-004
フィンランドと言えば白夜が有名で、夜中なのに太陽が沈まない景色は光と闇が美しく、BADLANDのビジュアルにはMidnight Sunが影響していると思う。
国土の70%が森の覆われているということで妖精も有名であり、BADLANDに登場する得体の知れない黒い妖精も、フィンランドで伝わるおとぎ話に登場するのかもしれない。
僕が大好きなTrollも、北欧に行けば会えるかな?

badland-review-003
ゲームは指一本で楽しむことができ、ホールドすればキャラクターは中を舞い、指を離せば重力に負ける。
そのシンプルな操作で、木の枝や歯車などがキャラクターを妨害する、まさにBADLANDなステージを右へ右へと進んで行く。
画面は自動的にスクロールしていくので、何かに引っかかって画面の端に飲み込まれぬよう注意しなければならない。

badland-review-005
適当にふわふわ飛んでいればゴールに辿り着けるわけではなく、少し頭をひねって遊ぶ必要があり、アクションアドベンチャーゲームとしての面白さもある。
驚くほど斬新なゲームというわけではないけど、光と闇の美しさも堪能できるし、不思議な魅力を感じることができると思う。
なんだか絵本を読んでいるような気分になれるので、iPadで子供と一緒に遊べば間違いなく楽しめるでしょう。

現在の価格は350円となっております。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Frogmind Oy
(c) 2013 Frogmind

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Injustice Gods Among Us DC好きなら遊びましょう
JOOL ゲームオーバーになることが楽しみ

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

4 Responses

  1. jaw

    死にゲー好きだから買ってみます。ありがとうございました!
    LADはスルーしました(笑)

    返信
  2. jaw

    こんにちは。
    LIMBOっぽいと書かれている記事を見かけますが、実際どうですか?
    LIMBOが好きなので迷ってます。
    動画を見てもLIMBOっぽさが無いです。

    返信
    • TROLL

      こんにちは。
      感じ方は人それぞれなので何とも言えませんが、LIMBOのような感じは無いかなぁ。
      LocoRocoというゲームに似ているそうです。僕はLocoRocoで遊んだことはありませんが、Youtubeに動画がいくつかあります。
      今後BADLANDのプレイ動画がYoutubeに増えていくと思うので、それを見てから判断してもいいと思います。

      返信
    • TROLL

      ステージを進めていくと、そこそこ死にゲーになるので、そういう点ではLIMBOやSuper Meat Boyっぽいかもしれません。
      iOSなら、LADというLIMBOのクローンがありますが、それはおすすめできません…。

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.