Boson X

boson-x-review-001
“Boson X”とは何か、細かく説明するために理解しようとしたが、素粒子物理学なんて僕には意味不明なので説明しない。
興味のある方はボース粒子について調べてください。

ゲームはエンドレスランナーで、主人公であるキャラクターが前方に向かって走り続ける。
一般的なエンドレスランナーと同じく、壁に衝突したり、落下することでキャラクターは死んでしまう。
簡単に言えば、死なずに何処まで走り続けることができるかに挑戦するゲームである。
プレイヤーには素早い判断が求められ、ミスが許されない状況が続くため、常に緊張した時間を楽しむことができる。

ゲーム内の音楽は、それほどノリが良いわけではないが、オプションにて”MUSIC”のボリュームを下げると、心地よい靴の音が聞こえ、息切れする主人公の「ハァハァ」を聞くことができる。

ステージは全部で6つ

boson-x-review-002 “geon” “acceleron” “radion” “graviton” “y boson” “x boson”6つのステージが用意されている。
素粒子物理学を知る人なら、各実験(ステージ)の名前の意味を理解できると思うが、これはテスト勉強ではなくゲームなので、難しいことは知らなくても楽しめる。

初めて遊ぶ時は”geon”のみ選択でき、他の実験は100%に達することでアンロックされる。

操作方法はシンプル

画面の左をタップすれば左にジャンプし、右をタップすれば右にジャンプする。正確には、左をタップでジャンプと同時に床が右へ回転する。だからローテーションランナー。
左右を同時にタップすれば、その場でジャンプしてくれる。
また、ホールドすることでジャンプの滞空時間が長くなる。

クリア条件は1つ。水色の床の上を走り、エネルギーを上昇させて100%にすることだ。

文字では伝わらないと思うので、難易度が最も低い”geon”のプレイ動画を貼っておく。

Boson Xの面白さ

boson-x-review-004 たとえば何かのゲームの中で、どうしてもクリアできないシーンがあったとする。
何度も同じ場面で失敗を繰り返すと、気持ちが折れると思う。そしてつまらなく感じるようになる。
“Boson X”も何度も失敗を繰り返すが、毎回ある程度ランダムでステージが構成されるため、「今回はうまくいきそう」という気持ちになれる。

今年の7月に配信された”Pivvot”の場合、プレイ中はとにかく苦行が続き、クリアした時にようやく興奮を得られる。
“Boson X”は”Super Hexagon”と同じように、プレイ中にも興奮を感じることができ、さらに目標を達成することで快楽を得ることができる。
二度とやりたくない難しさではなく、何度でも感じたい気持ち良い難しさがある。

boson-x-review-003 目は右へ跳ぶべきだと認識していても、指は左をタップしてしまう。
僕はこういう錯覚が起こるゲームが大好きで、「やれらた!」と思える瞬間を楽しく感じる。
“Boson X”は、目の錯覚を引き起こす工夫もうまくできており、何度も騙される。
難易度の高いステージになると、回転や点滅が目を混乱させ、そこにスピードが加わることで正常な判断ができなくなり、1回のジャンプが無事に着地できるだけで興奮できるようになる。

一定の時間や距離を走りきればいいのではなく、水色の床の上を走ってエネルギーを100%にしなければならないというのは、とても良いアイデアだと思う。
どんなに長時間走り続けても、水色の床がなかなか出現しない状況もあるが、これによって焦りを感じられたり、心理的な揺さぶりを楽しめる。

PCを持っていても買うべきかどうか

Windows/Mac/Linux版は無料でダウンロードすることができるが、iOS版は有料となっている。
Windows/Mac/Linux版は公式サイトに表示されるランキングが10位までなのに対し、iOS版はGame Centerで自分の細かいランキングを見ることができる。
自分の記録は翌日には破られ、その悔しさを糧に再度挑戦してやろうという気持ちになれ、Game Centerのランキングを競うことがこれほど楽しいゲームはなかなか無いので、自宅にパソコンがある人でも購入していいと思う。

現在の価格は170円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Ian MacLarty
(c) 2013 Ian MacLarty and Jon Kerney

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Machines at War 3が10月2日に配信予定
モダンコンバット4:Zero Hourがセール中

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

6 Responses

    • Troll

      挑戦者現る!
      ちなみに僕は最後の”x boson”がクリアできていません…

      返信
  1. He

    まだまだヘタクソですが楽しんでおります。
    数日プレイした感想は「買ってよかった!」
    Super Hexagonに似た歯がゆさ、突き抜けた時の興奮…やられましたね。
    俺の指!もっと動け!俺の反射神経!もっと働け!…と変態のようにプレイしております〜
    Super Hexagonと同じで、おっしゃる通りステージがランダム生成なのがいいですね。次こそ!と何度もプレイしてしまいます。

    返信
    • Troll

      期待外れじゃなくてよかったです。ホッとしましたw
      僕は、「あれ?自分の反射神経って、こんなに鈍かったっけ…?」と、老いを感じる日々が続いています…。
      開発者の方がランキング上位にいらっしゃるので、なんとか抜きたいですね。
      グルグル回りすぎて酔わないように注意して楽しんでください!

      返信
  2. He

    いつも素晴らしいレビューありがとうございます!レビューを拝見して早速落としてみました。まだ少ししかプレイしてませんが大好きな Super Hexagon の横に置きたいと思います!
    ハマったです!

    返信
    • Troll

      100%を超えたあたりで鼻が痒くなることが多いので、遊ぶ前に鼻や耳を掻きむしっておいてくださいね。

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.