今後にも期待できるストラテジーゲーム。

Breach and Clear

breach-and-clear-review-001
Breach and Clearは、ターンベースのストラテジーゲームだが、自分と敵が交互に行動するタイプのターンベースではなく、両者のプランニングタイムと、両者同時のプラン実行タイムが交互に行われるターンベースであり、似たようなゲームだとFrozen Synapseが代表的だろう。
ドアを蹴り破って突入し、相手の行動を先読みしてプランを練り、そのミッションの勝利条件を達成することが目的となる。
豊富なライフルとアタッチメントはマニア心をくすぐり、それぞれの兵士のレベルアップなどの成長要素もあり、自分の部隊を育てていく楽しさもある。

突入方法は4種類

breach-and-clear-review-002 Call of DutyシリーズでBreachの存在を知った人も多いと思うが、ドアを爆破して部隊が突撃する時の”GOGO感”を、Breach and Clearでは気軽に味わうことができる。
デフォルトでは、普通にドアを蹴り破って突入する「NORMAL」と、ショットガンで鍵を破壊して突入する「SHOTGUN」のどちらかを選択できる。
アイテムを購入すれば、「EXPLOSIVE」と「PICK LOCK」も選択可能となる。
男なら黙ってマスターキーと言いたいところだが、そこは貴方の立てるプランによって使い分けることになる。
「NORMAL」よりも「PICK LOCK」のほうが静かに突入することができ、「SHOTGUN」や「EXPLOSIVE」はドア付近の敵に対してダメージを与える可能性がある反面、大きな音が鳴ってしまうために敵に警戒されることになる。

全てのドアにも緊張感が欲しい

breach-and-clear-review-003 Breach and Clearというタイトルの通り、ミッション開始時のBreachはこのゲームの最大の見せ場となっている。
ただ、ミッション開始時にしかBreachを体験することはできず、ミッション途中のドアの突破には工夫が無い。
ドアの近くに兵士を立たせると、勝手にドアを開けてしまい、こちらが思い描いた突入作戦が実行しにくい。
全てのドアに突入のカットシーンを入れろというわけではなく、リアルさを追求するのであれば全てのドアにはもっと注意するべきだと思う。

それぞれの兵士に命令を出す

breach-and-clear-review-004 兵士を選択すると、移動できる範囲に多数の「○」が表示される。
移動先の「○」をタップすれば、それまでのルートがオレンジの線で表示される。
ここで注意しなければいけないのは、兵士は矢印の方向に体を向けながら移動するということだ。
例えば南から北に向かって兵士を移動させる際、南に矢印を向けた状態だと、ムーンウォークで北に向かうことになる。
北に敵がいれば背中を撃たれて兵士は死んでしまうことになる。
オレンジの線の途中をタップすることで、1マスごとに向きを変更することもできる。
うっかり移動先を間違って指定してしまうことが多いが、その際は画面の左上に表示される矢印をタップすることで、やり直すことができる。
壁などの遮断物が近くにあれば、オレンジのシールドが表示され、敵の攻撃から身を守れることを表している。
XCOM Enemy Unknownで遊んだことがあれば、なんとなく理解できるだろう。

もう少し自由度が欲しい

breach-and-clear-review-005 Frozen Synapseの場合なら、指定した場所で数秒待機させるなどの指令を出せるが、Breach and Clearはそこまで細かい指令が出せない。
例えば、一回のターンでFlashbangを投げ込んで、別の兵士が突撃するということができない。
実際にやってみると、兵士AがFlashbangを投げ込んだのと同時に兵士Bが突撃するので、Flashbangが炸裂する前に兵士Bが撃たれてしまう。
今回のターンはFlashbangを投げ込むだけにして、次のターンで突撃というプランを組まなければならないのは、なんだか爽快感が欠けてしまう。
兵士のクラスが「Breacher」であれば、THROW AND GOを使用することができるので、FlashbangやFragを投げ込んでから移動と射撃が可能になるが、それでもタイミングがおかしい。
これを解決するには、移動先または移動ルートの途中で攻撃命令を出せるようにするしかない。
ドアを開けてFlashbangを投げ込み、3秒後に突入というプレイができたら、もっと興奮できるのではないだろうか?

実際のゲームプレイをアップしておいたので、気になる方はこちらを見てください。


“これでもか!”と言うほど細かい命令は出せないものの、ミッション中の緊張感はしっかりある。
銃声を耳にした敵は警戒を始めるし、その裏を取るためにひっそりと兵士を移動させたり、できる範囲内で戦術を考えるのはとても楽しい。
クラスによって持っているTacticsを使用すれば、1人が制圧射撃を行い、もう1人が突入するというプレイも可能だ。
Tactics以外にPerkにも注目するべきで、たとえばFireteam Leaderなら近くの味方兵士のステータスを上昇させるPerkを持っている。
それぞれの兵士の特徴を知ることで、面白さは倍増していくだろう。

おまけで課金要素もある

breach-and-clear-review-006 実名で登場する武器や各種アイテムは、ゲーム内で手に入るシルバーで購入することができる。
銃器にはサプレッサーやダットサイトなど、複数のアタッチメントを取り付けることができ、もちろんそれらの効果を得ることができる。
銃器はアサルトライフルのみとなっているのが残念で、せめてショットガンは登場してほしかった。
アプリ内課金でシルバーを購入することもできるが、強力なアサルトライフルを手に入れるためにはそれなりにミッションをクリアしなければならないので、序盤で課金してシルバーを手に入れたとしても使い道は無い。

今後のアップデートや追加コンテンツにも期待

breach-and-clear-review-007
現在遊べるロケーションはTurkey / Afghanistan / Chinaの3つで、今後Mexico / Germanyが登場する予定となっている。
それぞれのロケーションに5つのミッションがあり、1つのミッションに5つの難易度が用意されている。
現在はテロリストを全滅させるミッションしかないが、今後は”人質の救出”や”爆弾の解除”なども登場予定だ。
ボリュームは今後も増えていくわけで、やり込みに関しては兵士のレベルアップや武器のカスタマイズなど豊富で、今の時点でもじゅうぶん楽しめる内容になっている。
ただ、Frozen Synapseで遊んだことがある人にとっては、できないことが多すぎると感じるに違いない。もっと細かくプランを立てることができたら、さらに面白くなるだろう。
物足りなく感じる部分はあるけれど、ストラテジーゲームやミリタリー物が大好きなら、思い切って購入しても損はしないだろう。

iPod touch 第4世代には対応していないようなので、iPhone 4などでも動作しない可能性があります。
不安な方は、しばらく待ってストアのレビューを確認してから購入を検討するほうがいいかもしれません。

現在の価格は170円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Gun Media Holdings, Inc
(c) 2013 Gun Media

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Colossatron: Massive World Threat - Halfbrickの新作が配信予定
Sky Gamblers: Cold Warが配信されています

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

6 Responses

  1. トルコ風呂マニアオタク

    細かいところの作り込みが甘くてただの雰囲気ゲーかなぁ。
    緊張感もクソもなくただ死角が出来ないように4人で部屋入って遮蔽物に隠れるだけ・・・。

    返信
    • TROLL

      人質救出や爆弾解除が追加されたら、また変化すると思いますよー。

      返信
  2. 奴隷

    こういうジャンルで和風なのやってみたい
    場所は日本の城でキャラは忍者。武器は吹き矢、まきびし、手裏剣とか。敵は侍と忍者がいて、ミッションに暗殺とか救出があってそれらに応じてのクリアの仕方があって…みたいなの。

    返信
    • TROLL

      それ楽しそうw
      屋根裏から忍び寄ったり、警戒で天井に槍を突き刺したり、部屋に突入するときに煙玉を投げ込んだり…。

      返信
  3. nymphe

    武器がアサルトだけは正直さみしいですね。種類はいっぱいあっても使うのは限られるし。
    あと、サブ武器もほしかったなぁ

    返信
    • TROLL

      結局4人全員が同じ武器を装備して、同じアタッチメントを付けているという状態になりますよね。
      弾数に制限を付けて、サブ武器も装備できるようにすれば、さらに楽しくなりそうです。

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.