PAX East Indie Showcase 2014 に選ばれた『Tiny Dice Dungeon』が楽しそうです。サイコロを使った戦闘がユニークなRPGで、現在はシンガポールやカナダなど地域限定で配信されています。開発を手掛ける Springloaded Games は、シンガポールのインディーゲームデベロッパーです。主にモバイル向けのゲーム開発を行っており、ひらがなを学ぶリズムアクション『Hiragana Pixel Pary』などをリリースしています。

combat-focused-rpg-tiny-dice-dungeon-001

『Tiny Dice Dungeon』は F2P でよくある移動無しで戦闘を繰り返すタイプの RPG です。戦闘に参加するキャラクターはそれぞれサイコロを持っており、出目によって敵に与えるダメージが変化します。2個以上のサイコロの出目が同じであればダメージ2倍、出目が1の場合は攻撃がミスになります。1回の攻撃でサイコロを振る回数に制限は無く、1が出るまでダメージが増加していきます。たとえばサイコロを10回振って合計ダメージを100まで増やしても、次に振った時に1が出ればミスとなりダメージを与えることができません。

敵を倒せば仲間になることもあります。もちろん仲間のモンスターを育てることも可能です。ヒーローやモンスターはレベルが上がることでサイコロの装備枠が増えます。初めは1個しかサイコロを持てなくても、育てれば2個3個へと増えていきます。

combat-focused-rpg-tiny-dice-dungeon-002

通常のダメージを与えるものから、特殊な効果を持つサイコロ、素材さえ手に入ればコインを消費してサイコロをクラフトすることができます。

combat-focused-rpg-tiny-dice-dungeon-003

キャラクターデザインが可愛くて胸キュンなんですが、何百回と同じことを繰り返すソーシャルゲームのように、早い段階で飽きてしまうのではないかという心配もあります。基本プレイ無料ということで、スタミナ制になっているのも残念です。全世界で配信される時期は未定ですが、苦しませて課金させる F2P 風の P2W にはウンザリしているので、課金よりも楽しませることを重視したゲームであることに期待したいです。

公式サイト:Tiny Dice Dungeon

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

「ダンジョン」「モンスター」「財宝」全てプレイヤーが配置する『Guild of Dungeoneering』を紹介
『Out There』ファーストインプレッション: 宇宙の孤独を味わうローグライク読み物

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.