洋ゲーが好きなのに、洋物MMOをiPhoneで遊んでいないことに気付き、人気がありそうなタイトルを探してみたところ、このDark Legendsを発見しました。
遊んでみないことには面白さがわからないので、無料ということでダウンロード完了。
どのような世界が待ち受けているのか。

MMOが一番面白いのは、オープンベータの時。
その次は正式スタートした日から一週間。
そんなノリで遊んでいるから、MMO難民というような状態。
Dark Legendsは、僕を縛り付けてほしい。


選べるキャラクターは二人のヴァンパイア。
パンクな姉貴と兄貴。
髪型と顔のメイクはカスタマイズ可能。
バリエーションは少ないです。


キャンペーンの中から遊びたいミッションを選びます。

すると、このミッションをクリアすることで獲得できる報酬が表示されます。
一番左の武器は、運が良ければ拾えまっせということです。
豪華な宝箱のアイコンをタップすると、拾えるアイテムの確率が表示されます。

Legendary欲しいなぁ。


敵をザクザクと斬り刻み、それほど長くないステージを一つずつクリアしていきます。
マルチプレイを選択すると、同じミッションを進めている他のプレイヤーと一緒に遊ぶことができます。
画面右下の剣のマークが攻撃ボタンです。
「剣」のマークが「手」に切り替わった時は、たとえばタンスを調べてお金を取るというアクションが可能です。
その左のほうにあるのはスキルボタンです。
攻撃ボタンを長押しすることで、ギュゥゥゥゥッと攻撃を溜めます。最大まで溜めてから離すと、強力な攻撃を繰り出すことが可能です。
溜めて勝つ!


スクリーンショットがうまく撮れないのですが、画面右にある頭蓋骨マークが真っ赤に染まって口を開けると、敵に噛み付いて吸血してヘルスを回復することができます。
これは吸血中のスクリーンショットなんですが、全く伝わりませんね…。


Vampire Districtにはたくさんのプレイヤーがいます。
予想以上に人が多くて驚きました。
GuildへのInviteが大量に飛んできます。
画面上の黄色いカミナリマークのバーは、Goalを進める際に消費するEnergyです。
その右の青いバーはEXPです。
その右はお金で、さらに右は課金のコインです。


画面右上にある吹き出しをタップすると、チャットの切り替えが可能です。
そしてチャットウィンドウをタップすると、メッセージの入力ができます。


Goalはクエストのような感じですね。
頼まれた仕事を達成して、報酬がもらえます。
制限時間があり、達成できなかった場合は再び受けることができます。

ギルドを作成したい方はVampire Districtの一番左にあるEster’s Estatesに入ってください。
ここではギルドの管理ができます。

Sanctuaryには、血液パック(ポーション)屋さん、倉庫、オークションハウスがあります。
オークション前の混雑が凄いです。

Sergios Clothingは洋服屋さんで、見た目が変化する洋服を購入することができます。
価格は高めです。

Restless Slumber Mortuaryでは、顔や髪型などのキャラクター作成時に決めたパーツの変更を行えます。


Vampire Districtの一番右には地下鉄があります。
建物の名前が隠れていて読み取れないのですが、ここからもミッションを開始することができます。
人がたくさん集まっていますので、他に何か理由があると思いますが…。
知り合いと一緒にミッションを始める時は、ここから電車に乗るのかもしれません。


街には武器屋や防具屋がありませんでしたので、基本的にはMobからのドロップで集めるんだと思います。
MenuからInventoryをタップすると、武器やジェムを装備したり、売却することができます。
装備品は武器と四種類のジェムだけで、防具はありません。
Defenseを上げるには、Defenseを上昇させる効果を持つGemを装備します。


Inventoryの画面で、Storeのタブを選ぶと、課金のプラチナコインで購入できるPackが表示されます。
ガチャのようなもので、運が良ければLegendary武器などが手に入るようです。


MenuにあるLairでは、キャラクターの様々な情報を確認することができ、スキルツリーもここにあります。
デフォルトでは、レベルが上がってスキルに振れるポイントを獲得すると、自動的にスキルに割り振られてしまいます。
特に問題は無いと思いますので、僕はそのままにしています。

ミッションを同時にプレイできるのは、最大3人までという制限があります。
敵もそれほど強くなくて、適当に攻撃していれば倒せます。
Guildメンバーでダンジョンに潜ったり、複数ギルドでレイドに参加したりというようなMMOではありません。
MMOというよりも、マルチプレイが可能なハクスラです。
LegendaryやRare武器を手に入れるために、同じミッションを何度もクリアしたり、トレハン好きな方にも受け入れられると思います。

現在ゲストで遊んでいますが、本気で遊ぶならアカウントを作成したほうがいいかもしれません。
アプリを削除したり、復元を行った場合のデータの引継ぎなどが不安だからです。

Spacetime Studiosは、他にも「Pocket Legends」「Star Legends」を運営しており、公式サイトにはフォーラムなども充実しています。
新作のArcane Legendsが発売予定となっているので、今のうちにDark Legendsで慣れておいて、Arcane Legendsオープン時の祭りに参加するのもいいと思います。

Dark Legends (3D MMO) App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料(記事投稿時)
販売元: Spacetime Studios, LLC
(C) 2012, Spacetime Studios, Inc.

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Wraithborneが配信開始 期待していたので遊んでみました
トルコのスーパーヒーローが登場するSuper Turkで遊びましょう

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

2 Responses

  1. 匿名

    なかなか面白そうですね!是非やってみたいと思います。紹介してくれて、ありがとうございます!

    返信
    • troll

      洋物が好きな方なら楽しめると思いますので、是非遊んでみてください!

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.