MMOストラテジー『Galaxy on Fire – Alliances(ギャラクシー・オン・ファイア – アライアンス)』が、本日のアップデートで日本語に対応しました。アクションストラテジー『Galaxy on Fire』シリーズの最新作として、2013年にリリースされたタイトルです。これを機会に日本のプレイヤーが増えるかもしれません。

『Galaxy on Fire』といえば“関西弁”という勝手なイメージなのですが、今回はいたってまじめなようです。

『Galaxy on Fire』といえば“関西弁”という勝手なイメージなのですが、今回はまじめなようです。

英語のみ対応だったころに遊んでみたのですが、何をすればいいのかわからなかったという記憶があります。これからは日本語で説明を読むことができますので、ストラテジー物やSF物が好きな方、遊んでみてはいかがでしょうか。価格は無料です(アプリ内課金アリ)。

さきほど気づいたのですが、『Galaxy on Fire』シリーズを手がける FISHLABS は、2013年にドイツのパブリッシャー Koch Media に買収されていたようで、現在は Deep Silver FISHLABS に名前を変更しています。この Deep Silver は、『Dead Island』や『Metro』シリーズでお馴染みのパブリッシャーで、Koch Media の子会社です。

現在の価格は無料です。価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて最終確認をお願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: FISHLABS
(c) 2014 Koch Media GmbH

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

戦車MMOアクション『World of Tanks Blitz』配信開始。現時点ではiOS版のみ
Steamサマーセール開催中。iOSでお馴染みの作品がお買い得

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.