iesabel-review-top

Iesabel

「Iesabel」のパブリッシャーは、ポーランドのマルチメディアエンターテイメント企業であるForever Entertainment、そして開発はパートナーを組むMadman Theory Gamesが担当しています。
「Dead Island」や「Call of Juarez」シリーズを開発したTechlandもポーランドで、美女が多いことでも有名です。

「Iesabel」は、「Diablo 3」や「Titan Quest」っぽいハックアンドスラッシュタイプのアクションRPGです。
iOS向けのDiabloライクなハックアンドスラッシュは他にもあり、「これってACT 3のあのシーンだよね?」とか「このモンスター見たことあるんだけど」なんて気持ちになることが多いのですが、「Iesabel」にはそういう部分は少なくて、個人的には最も雰囲気が好みです。

PC版($14.99)もリリースされており、Win/Mac/Linuxに対応しています。
どうやらiOS版をそのままPCで操作するという感じになっており、攻撃ボタンをマウスでクリックするなど、かなり遊びにくいようです。
キーバインドを変更すれば、快適に遊べるようです。プレイ動画を参考に書いてしまい、申し訳ございませんでした。

iesabel-review-003 主人公は2人用意されており、クラスと性別など細かな選択はできません。
魔法で派手に戦いたければWitch、剣や斧を振り回したければBarbarianを選ぶといいでしょう。
Witchであれば、基本攻撃も遠距離となりますが、その分肉体的な弱さが目立ちます。逆にBarbarianは近距離攻撃が主体となり、強靭な肉体を持っています。
また、装備できる武具にも違いがあります。Barbarianで進めていてもWitchの武器や防具を手に入れることが多いです。逆も同じく。

iesabel-review-001
Shamanの「You will die…」という声で、プレイヤーは森の中で目を覚まします。
なんとなくPath of Exileっぽくて良い雰囲気です。
主人公の見た目がTitan Quest風なのもポイント高いです。
まずはShamaに会うことが目的となり、道中でモンスターと戦いながら操作方法のヒントなどから遊び方を学ぶことになります。
英語のゲームなので、簡単に説明していきます。

Iesabelの遊び方

iesabel-review-002 まずは画面の説明から。
画面には、いくつかのサークルがありますが、これはスキルやアイテムのクイックスロットです。
ホールドすることで、スロットに入れることができるアイテムやスキルが表示され、ドラッグで選択することができます。
スロットを課金で購入する必要は一切ありません。
画面左上の赤いバーはHPを表しており、逆の青いバーはSPを表しています。SPはスキルを使用することで消費します。
HPもSPも、時間の経過と共に回復しますが、戦闘中は自然回復しません。
画面上の顔のマークをタップすればキャラクターのステータス画面が開き、「M」をタップすれば画面にミニマップが表示されます。この画像だと、画面右側にミニマップが表示されている状態です。
画面左下の「△」は、地面に落ちているアイテムや、何かアクションできる扉や宝箱などの物体を発見する機能です。特に地面に落ちているアイテムは見にくいので、これをタップすることで名前が表示され、拾いやすくなります。
攻撃ボタンは連打せず、ホールドし続けることで攻撃も続けます。指が疲れないので嬉しいですね。
画面下左の緑のバーは、現在のXPを表しており、左まで伸びきるとレベルが上がります。
全体的に見た目でわかりやすいUIとなっており、クイックスロットの多さも便利でありがたい設計です。

iesabel-review-004 レベルが上がると、ステータスを上昇させるポイントと、スキルを習得したりアップグレードできるポイントを手に入れます。
キャラクターのステータスにはStrength/Intelligence/Dexterity/Spirit/Defence/Luckがあり、それぞれにポイントを振ることで、どのようにキャラクターが変化するのかを事前に数値で見ることができ、無駄にポイントを使ってしまわないように工夫されています。
例えばStrengthにポイントを振ると、青い数字が影響する能力を意味しています。この優しさは、結構嬉しいものです。

iesabel-review-008
スキル(Souls)は、Class/Ethnic/Alchemyの3種類があります。
Classは、そのクラス特有のスキル(画像はBarbarianです)を意味しており、パッシブとアクティブの2種類があります。レベル制限や、特定のスキルをアンロックしていないとポイントを振れないものもあります。
例えば、Barbarianに二刀流させたいのであれば、”One Handed Mastery”にポイントを振ってから”Dual Weapons Mastery”を習得することになります。
Ethnicは、HPやSPの最大値を増やしたり、アーマーを強化するものが目立ちます。
Alchemyは、ポーションやポータルを生み出す巻物、そして正体不明の武具を鑑定する巻物をクラフトする能力を身に付けることができます。Alchemyに必要な素材はフィールドに落ちていることが多いですが、お店で購入することも可能です。

雑な部分として、それぞれポイントを振り分ける必要はあまりなく、面倒なら放置でも大丈夫です。

iesabel-review-009
Quest Logでは、現在進行中のクエストや報酬、そして完了したクエストを確認することができます。
ただ、進行中のクエストが複数ある場合は、目的地がわかりにくいので、道に迷うことがあります。
基本的にはストーリーが進むメインクエストが優先されているようなので、サブクエストは無視してもかまいません。
世界観を存分に楽しみたいのであれば、冒険ついでにサブクエストも消化するといいでしょう。
英語が読めなくても、クエストはどうにでもなるという感じです。

iesabel-review-014
クエストは、頭に「!」が付いているNPCから受けることができ、完了すれば頭に「?」が付いているNPCに話しかけましょう。
彼らは驚いているわけでも、悩んでいるわけでもありません。
受けられるクエストは全て受け、そして報酬をガッポリいただきましょう。

iesabel-review-010 Optionは、カメラのズームやサウンドのボリューム、敵を自動で選択するかどうか、ダメージを画面に表示(数字)させるか、色々と設定することが可能です。
“Auto Highlight”をONにすると、落ちているアイテムやアクション可能な扉などが常時ハイライトされるようになります。もし重く感じるのであれば、OFFにしておきましょう。
自動でセーブされますが、不安な場合はこのオプション画面からセーブすることも可能です。

iesabel-review-011 装備やアイテムは商人から購入することができます。
商人にも所持金がありますが、商人を破産させるほどアイテムを売りつけることは無いと思います。
欲しいアイテムを左から右へドラッグドロップすることで購入でき、不要なアイテムは逆に右から左へドラッグドロップすることで売却できますが、必ず商人側の右下の空きスロットにドロップするようにしてください。もし商人のアイテムの上にドロップすると、売却と同時にそのアイテムを購入してしまいます。
売却したアイテムを買い戻すことはできないので注意しましょう。
序盤はお金が貯まりにくいですが、ACT 1の中盤からお金の使い道が無くなり、余りまくります。ACT 3まで進めば、逆に金欠になるかもしれませんが。

iesabel-review-012
モンスターからのドロップ、そして宝箱から強力な武具を手に入れることも可能です。
巨大なボス系のモンスターを倒せば、レア度が高いアイテムが手に入る可能性があります。ただ、かなり低いです。
ここに宝箱がありそうだなという雰囲気を感じる場所には必ず宝箱があり、プレイヤーの期待を裏切りません。しかし、せめてボスクラスのモンスターを倒した時は良い装備がドロップしてほしいです。
Unique/Epic/Legendaryの順番にレア度が高く、そして手に入りにくくなっています。

iesabel-review-013
稀に”Unidentified”という名前のアイテムを手に入れることがありますが、これに”Identification Scroll”を使用することで鑑定でき、レア度の高いアイテムが手に入ります。
鑑定方法は、”Unidentified”アイテムをタップし、”Identify”をタップしてください。

雑な部分も多いけど

iesabel-review-015 ACT1からACT3まであり、ボリュームに不満を感じることはありません。
F2Pとは違い、意味不明な足止めをされることは無く、苦しめられることもありません。
どうしてこんなに面白いゲームを今までスルーしていたのか、自分でもよくわからないほど楽しいです。
グラフィックも美しく、キャラクターの濃さも素敵ですし、操作に関しても問題ありません。
ただ、序盤がかなり死にやすいのに対し、レベル13以降のレベルアップが気持ち悪いくらい早かったり、敵を倒してXPが増えたり増えなかったり、ゲームバランスは「?」と感じる部分が多いです。
ゾーン切り替え時に「NO」を選択すると、キャラクターが身動きを取れなくなるバグもあります。
処理の関係上だと思いますが、大量の敵に囲まれてバッタバッタとなぎ倒すようなシーンはありません。特定のスキルが恐ろしく強くて、それを使えば歩くだけで敵が死ぬようになり、雑だなぁと感じてしまいます。
良い武器は、なかなかドロップしませんが、そのマゾさを楽しむのも、これらハクスラタイプのアクションRPGの醍醐味でしょう。

マルチは最大8人で遊ぶことができます。
しかし、一度も体験したことはありませんので、何とも言えません…。

現在セールが開催されております。
100円で購入したジュースが不味くても笑って許せる人ならば、是非遊んでみてください。少なくとも僕は美味しいと感じましたが。

現在の価格は100円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Forever Entertainment S.A.
(c) Forever Entertainment S.A.

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

石器時代をテーマにしたアクションRPG「Isle of Bxnes」がリリースされました
Super Hexagonが誕生から一年を記念してセールが開催中

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

One Response

  1. 匿名

    PC版 コンフィグしたら既存のディアブロライク操作にすぐできますけど…

    返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.