Independent Games Festival 2014

Part 1 / Part 2に続き、「Independent Games Festival 2014」にエントリーされた658タイトルの中から、iOSに対応した気になるゲームを紹介しています。

1タイトルずつ記事にしたほうが、一週間ほどネタに困らなかったような気がしてきました…。

Puzzle Axe

可愛いアートスタイルが特徴の、パズルアドベンチャーゲームです。
パズルといってもマッチ3などではなく、ジグソーパズルです。
斧で一度破壊してから、再びパズルを完成させるユニークなゲームです。
動画の中の14秒辺りを見ていただくと、その仕組みがよくわかると思います。

リリース時期は未定となっております。

公式サイト:Puzzle Axe

Samorost 3

Machinariumでお馴染の、Amanita Designによるアドベンチャーゲームです。
もう芸術作品の域ですね。
Samorost 1と、Samorost 2のデモは、ブラウザでも遊ぶことができますので、PCからアクセスしてみてください。

リリース時期は2015年が予定されています。

公式サイト:Amanita Design

Skull Legends

15種類のスケルトンが登場する、スケルトンマニアにはたまらないタワーディフェンスです。
画面奥から攻めてくるスケルトン達を、手前から弓矢で撃退し、様々なタワーを建てることも可能です。

リリース時期は未定です。

公式サイト:PlayShore

Sloth Quest

ナマケモノが様々な仕掛けを使って、恐ろしい動物が潜む森を冒険する、何と言えばいいのかわからないゲームです。
個人的には最優秀賞をあげたいです。
ナマケモノがワニに食われるシーンは、悲しさよりも笑いが…。
対応プラットフォームは、PC / Android / iOSとなっています。

リリース時期は2014年が予定されています。

公式サイト:LumaTap

Sneaky Sneaky

ターンベースのステルス・アドベンチャーゲームです。
見た目はコソコソしていませんが、美味しそうな骨付き肉を床に置き、おびき寄せられた敵をザクッと刺すなど、パズル的な面白さがあります。
開発は、EA / Retro Studios / PopCapにてゲーム開発に関わってきた、Don Wurster氏とJay Epperson氏によって設立されたNaiad Entertainmentです。
対応プラットフォームは、PC / Android / iOSとなっています。

リリース時期は2014年が予定されています。

公式サイト:Naiad Entertainment

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Double Dragon TrilogyがiOSとAndroid向けに配信予定
IGF 2014にエントリーされた気になるiOS対応ゲーム Part 2

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

4 Responses

  1. 匿名

    Sloth Quest、ナマケモノが蔦を掴む音が環境音の中で力強く響くのが、なんとも笑いを誘います。
    Incredipede的な操作感なんでしょうかねー。

    Puzzle Axeも楽しそう!

    返信
    • Troll

      操作はIncredipedeやQWOPに近いと思います。ボス戦とか苦労しそうですがw

      Puzzle Axeは年齢問わず遊べそうで、アイデアが素晴らしいですねー!
      楽しみです。

      返信
  2. kenken

    Sloth Questが凄すぎて他のタイトルが霞んでますね
    QWOP風味なのにコスチュームチェンジとかボス戦みたいなアーケード要素…
    チーターが蔦を両手でたぐり寄せるシーンは衝撃でした

    返信
    • Troll

      インパクトが大きすぎますねー。
      ボス戦とか、攻撃が当たりにくくてイライラしそうですw
      何かの賞を獲得して、世界中から注目されてほしいタイトルです。

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.