2014年3月よりスタートした「インディーズゲームセレクション(Indie Game Showcase)」は、App Store でゲームを販売しているインディーデベロッパーと作品をピックアップして紹介する企画。

第1回はSimogo『DEVICE 6』、第2回はKumobiusDuet』、第3回はAsher VollmerThrees!』、第4回はMika MobileBattleheart Legacy』、第5回はMediocre ABSmash Hit』でした。ただし、第4回以降はうろ覚えです……。

 

今回の「インディーズゲームセレクション」には、イギリス在住のワンマンデベロッパーTerry Cavanagh氏の代名詞ともいえる『Super Hexagon』が選出されています。2012年8月にiOS向けに発売され、その挑戦的な難度に多くのプレイヤーがとりこになったことでしょう。

Terry Cavanagh氏については、こちらを参考にしてみてください。「『VVVVVV』 クリエイター Terry Cavanagh ミニマリストの想い、追究 – AUTOMATON

究極のミニマル作品ともいえる『Super Hexagon』は、その後App Storeに登場した『Boson X』や『Size DOES Matter』にも影響を与えたはずです。チップチューンアーティストChipzelの存在を、この作品で知ったという方も多いでしょう。

 

Terry Cavanagh氏の初iOS作品『Don’t Look Back』、2Dパズルアクション『VVVVVV』、おまけコンテンツだった『Super Gravitron』も一緒に遊んでみてください。

Terry Cavanagh氏のお気に入りゲームとして紹介されている作品も傑作ぞろいです。今までは知名度の高いタイトルが選ばれることが多かったのですが、今回のセレクトは“らしい”といった感じです。

SpikeDislike

 

あまりの難しさに笑ってしまう、高難度のジャンプアクション。開発はイギリスのインディーデベロッパーJames Gamble氏。ゲームの面白さの部分はTerry Cavanagh氏に近いものがあります。まずはお試し無料版からどうぞ。

 

868-HACK

 

プレイヤーは戦士や魔法使いではなくハッカー。薄暗いダンジョンではなく、サイバースペースが舞台のローグライク。開発はMichael Brough氏。

Terry Cavanagh氏は自身のブログでほかのデベロッパーのゲームを紹介しませんが、『868-HACK』に関しては特別な作品として紹介されていました。また、リリース当時のランキング上位にはTerry Cavanagh氏の名前が輝いていました。

 

ケロブラスター

 

Studio Pixel最新作『ケロブラスター』もTerry Cavanagh氏のお気に入りです。『洞窟物語』と比較すると物足りないという方もいらっしゃるかと思いますが、独特の世界観と個性豊かなキャラクターたちが最後まで楽しませてくれる良作です。

 

Hoplite

 

とてもシンプルな見た目でありながら、1ターンすら無駄にできない高難度のローグライク。開発は、7DRLにも積極的に挑戦しているMagma Fortress。本作も7DRL生まれです。

 

English Country Tune

 

シンプルな言い方をすれば「玉転がしパズルゲーム」。最初の数ステージはとても簡単ですが、途中から驚くような仕掛けが登場します。おそらく数分遊べば『English Country Tune』の魅力にハマるはず。パズル好きならぜひとも遊んでほしい作品です。

開発は、個性的な作品を数多く生み出しているincrepare games。PC/Mac版はデモあり。

 

Boson X

 

自動進行型のアクションゲームに『Super Hexagon』をミックス。ただ難しいだけのゲームではなく、目の錯覚で操作ミスを引き起こす工夫あり。

 

Justin Smith’s Realistic Summer Sports Simulator

 

国対抗のスポーツ大会シミュレーター。最大4人まで参加できるローカルマルチプレイが盛り上がる。ただし、大笑いできるのは初回プレイ時のみ……。

開発は、熊のドライビングシミュレーター『Enviro-Bear 2010』を手がけたJustin Smith氏。

 

Rebuild

 

ゾンビ・サバイバルストラテジー。『Sim City』と「The Walking Dead」を混ぜたようなもの。初代『Rebuild』はブラウザでプレイ可能。現在は『Rebuild: Gangs of Deadsville』の開発が進行中。PC/Macのみならず、iOS/Androidでもリリース予定。

 

I Am Level

 

ティルト操作を使うピンボール風アクション。ほどよい難度とレトロなビジュアルはクセになるはず。開発はスコットランドのデベロッパーSmiling Bag。ほかにも『Ducky Fuzz』『iON Bond』をiOS向けにリリースしています。

 

GAMEDOG

 

初めてプレイする人は衝撃を受けるだろう。エビフライにしか見えない人魚が登場する『MERMAID RACERS』など複数のミニゲームの詰め合わせ。Quikdingらしい名作(迷作?)です。

 

ほかにも複数の作品がお気に入りとして選ばれていますので、「何か面白いゲームを探しています」という方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

レトロスタイル2Dアクション『Goblin Sword』トレーラー公開
iPad向けパズルRPG『Puzzle Warriors Adventure』配信日決定。パブリッシャーはBulkypix

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.