2014年2月13日(現地時間)、インディーゲーム開発者をサポートする『Indie Prize Showcase Europe 2014』の受賞作品が発表されました。2週間も前のことですが、気になったタイトルや受賞作品(iOS 対応のみ)を紹介しておきます。

Best Mobile Game

spacer-10x10
Blek
オーストリアのデベロッパー kunabi brother が手がけたパズルゲーム『Blek』は、Best Mobile Game を受賞しました。詳細はインプレッションをご覧ください。好きなゲームが賞を受賞すると嬉しいものです。

BEST GAME ART

spacer-10x10
Icycle: On Thin Ice
イギリスのデベロッパー Damp Gnat が手がけた『Icycle: On Thin Ice』は BEST GAME ART を受賞しました。地球滅亡後の氷に覆われた世界を、裸の男性 Dennis が三輪車で走るというなんとも言えないゲームです。“Ice”と“Tricycle”をかけたのでしょうか。2009年に Flash ゲーム『Icycle』が公開されていますので、一度遊んでみてください。

BEST STORY

spacer-10x10
Detective Grimoire
イギリスのデベロッパー SFB Games が手がけた『Detective Grimoire』は BEST STORY を受賞しました。パズルを解きながら事件の真相を追うポイントアンドクリックアドベンチャーです。2007年に Flash ゲームとして公開されたオリジナル版は、現在もプレイすることができます。

Most Promising Game in Development

spacer-10x10
Spoiler Alert
デンマークのデベロッパー Megafuzz が2014年の2月に配信を予定している『Spoiler Alert』は、Most Promising Game in Development を受賞しました。あなたがゲームをスタートした時、すでに悪は倒れ王女は救出されています。いったい何があったのか、それを解明するためにゲームは逆向きに再生されます。インディーらしいタイトルで、個人的にも今後に期待したいです。

Best Free-to-Play Game

spacer-10x10
Colorpickle
オランダのデベロッパー Allon Games が手がけた『Colorpickle』は、Best Free-to-Play Game を受賞しました。三角形に接触せずに、どこまでスコアを伸ばせるかを目指すゲームです。画面を指でホールドすることでサークルが巨大化していき、スコアが伸びていきます。ゲーム内の音楽が素敵なので、ぜひ遊んでみてください。

個人的に気になったタイトル

spacer-10x10
Red Riding Hood
SF やファンタジーなコンテンツを提供する Bekko Studio が手がけるアクションゲームです。『Red Riding Hood』という名のとおり、赤ずきんちゃんがテーマになっています。“RED”と呼ばれる少女が主人公で、悪い狼からお婆さんを守ることが目的となります。狼はお婆さんの家の場所が書かれた地図を盗んだようで、それより先に辿り着かなければならないといった感じでしょうか。20秒ほどの短いトレーラーですが、映画の予告のような雰囲気に惚れてしまいました。

インディーと言えば、3月には京都にてインディーゲームの祭典 BitSummit MMXIV が開催されます。今年は一般入場が可能になりましたので、ぜひ足を運んでみてください。『Super Hexagon』のサウンドトラックでお馴染みの chipzel も来るよ!公開されたタイムテーブルによると、chipzelは3月7日のメディアデーに登場する予定です。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

話題の新作『Out There』など、最近の新作や値下げタイトルを紹介
iOS / Android / PC 向けRTS『Warhammer 40k: Storm of Vengeance』の配信日が決定

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.