モノクロから3Dグラフィックへと、ゲーム自体が進化していくRPG『Evoland』が、ようやくiOSに移植された。デベロッパーはShiro Games。現在は『Evoland 2』と『Until Dark』を開発中とのこと。

『Evoland』は、『ゼルダの伝説』と『ファイナルファンタジー』を混ぜ合わせたような作品である。本作の特徴は、なんといってもゲーム自体の進化である。その仕組みはトレイラーを見ていただくと伝わるだろう。ゲームボーイ風のモノクロのビジュアルからスタートし、やがてはスーパーファミコンへと進化していく。また、見た目だけでなく、ゲームシステムも変化していくのだ。

iOS版の発売を待ち続けていた方もいるだろう。珍しいものが好きならば、まずはウィッシュリストに入れてみてはいかがだろう。中身がまったく同じものかどうか定かではないが、PC版と比べれば価格は約半額である。

iOS版『Evoland』の価格は500円。価格は変更される可能性があるため、ダウンロード前にストアにて最終確認していただきたい。また、対応デバイスにも注意してほしい。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Shiro Games

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

刑務所経営シム『Prison Architect』、iPadなどタブレット版も開発中
[Android] 「Humble Cartoon Network Mobile Bundle」販売開始。「レギュラーSHOW」や「アドベンチャー・タイム」などのモバイルゲームバンドル

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.