さまざまな賞を受賞した入国審査官アドベンチャーゲーム『Papers, Please』のiPad版がリリースされました。価格は600円。ローンチを記念して、今週末は25%オフとのこと。ストアに表記されている対応言語は、英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・ロシア語・ポーランド語。開発を手がけたのはLucas Pope氏。

『Papers, Please』は、入国審査官として働くアドベンチャーゲーム。架空の共産主義国家Arstotzkaに入国を希望する人たちの審査がメインです。パスポートや航空券に怪しい箇所がないかをチェックし、場合によってはスキャンも活用して判断します。うっかり悪人を入国させてしまうと……。

ただ入国審査を繰り返すだけでなく、主人公には家庭があることを忘れてはいけません。あなたが稼がなければ、一家の暮らしは苦しくなっていきます。そうならないためには、素早く的確に仕事をこなし、失敗による罰金を減らさなければなりません。といっても、そう簡単ではありませんが……。

2013年に発売され、今年の頭には日本語にも対応した『Papers, Please』。一度は遊んでおきたい名作です。以前から気になっていたという方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは皆様、良い週末を。Glory to Arstotzka!

 

ローンチセール期間中『Papers, Please』は600円で購入できます。価格は変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて最終確認をお願いします。また、対応デバイスにもご注意ください。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: 3909 LLC

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

『bit Dungeon II』リリース。レトロスタイルのアクションRPG
iOS版『The Nightmare Cooperative』無料配信中。難度高めのパズルローグライク

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

2 Responses

Leave a Reply

Your email address will not be published.