プレイヤーはマジシャンを操作し、古い屋敷を探検するパズルプラットフォーマー「Little Big Mansion」が、ノルウェーのインディーデベロッパーKrisjet Game Designによって開発が進められており、2014年にリリース予定となっています。
マジシャンが指をパチンと鳴らせば、選択した2つの物体の大きさを入れ替えることができ、このトリックを駆使し、次第に難易度が上がっていくパズルを解くことになります。

公式サイトではプロトタイプが公開されており、PCのブラウザで遊ぶことができます。
トレーラーでは、マジシャンが物の大きさを変えるトリックを確認することができ、自身の体を小さくする方法も見れます。
サウンドもミステリアスで良い雰囲気が出ており、2014年のリリースが楽しみなタイトルです。

公式サイト:Krisjet Game Design

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Remedy Entertainmentより、逆タワーディフェンス「Agents of Storm」が2014年にリリース予定
Quikdingのゲームで遊ぼう

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.