2013年1月、Etorki Games はモバイル向けタワーディフェンス『Crazy Defense』の開発をスタートしました。精神科病院が舞台で、看護婦と戦うというちょっぴり変わった設定に惹かれ、いつ遊べるのか楽しみにしていました。結局『Crazy Defense』は Android のみで配信され、iOS 版は登場しませんでした。

先日、Etorki Games から一通のメールが届き、iOS 版をリリースしたよと知らされました。タイトルは『Mad Dan – Puzzle TD』に変更されましたが、可愛いキャラクターやゲームのコンセプトはそのままです。

mad-dan-puzzle-td-001

『Mad Dan – Puzzle TD』は、タワーディフェンスとパズルの両方を楽しめる RTS です。レベルは全部で150あり、難易度は少し高めです。一般的なタワーディフェンスと同じく、医者や看護婦に噛み付く人食い植物や、敵の進行を妨害する箱などを設置するにはコストが必要ですが、各ステージで使用できる資源はかなり少なく設定されています。箱をうまく利用して敵の行動を制御しなければならず、この部分はパズルゲームのような面白さがあります。

mad-dan-puzzle-td-002

ステージをクリアしていけば、新たなタワーをアンロックできます。Dan の部屋にある Shop では、Pill を消費してタワーや超能力をアップグレードすることができます。この Pill が増えにくいのが難点です。

mad-dan-puzzle-td-003

“パーフェクト”とは言えません。荒い部分がありますし、遊び方もわかりにくいです。トレーラーでは設置した箱を移動させていますが、実際にやってみると移動できません。これがバグなのか、それとも特別な方法があるのかもわかりません。しかし、Etorki Games がほかのタワーディフェンスとは違うゲームを作りたいという気持ちはよくわかります。

スペインを拠点とする Etorki Games は、3D アーティストの Alexander Camarero 氏、2名のプログラマー Pablo Ocasar 氏と Ion Ocasar 氏の合計3名で運営されている、小さなインディーゲームスタジオです。先日の BitSummit 2014で ZUN氏(上海アリス幻樂団)が言ったように、「完成させれば成功」なのです。このゲームが iOS 向けにリリースされたことが、何よりも嬉しかったです。今後さらに磨き上げられた面白い作品を作ってくれることに期待します。

現在の価格は無料です。価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスの最終確認をお願いします。

Android 版が出ました。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Etorki Games SL
(c) Etorki Games S.L

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

第10回 International Mobile Game Awards(IMGA)の結果まとめ
『Godfire: Rise of Prometheus』戦闘シーンを含む最新トレーラー公開

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

6 Responses

  1. 匿名

    記事に箱が動かせないとありましたがステージ16で箱を動かすミッションがでてきました。PvZのようにミニゲーム的なステージが間に幾つかあったのでその中でしか動かせないのかもしれません。恐らくトレーラーで箱が動かせてたのはそういう事なんじゃないのかと。ステージ毎にキャラを操作して進める物もあり、完全にTDというよりは与えられたミッションを成し遂げるパズル要素が強い感じです。

    返信
    • Troll

      パズル要素は強めですね。
      箱はどのステージでも移動できるものだと思っていました……。ありがとうございます。

      返信
    • Troll

      パズル・タッチダウン……
      スポーツとタワーディフェンス混ぜたら面白そうですね。

      返信
  2. 匿名

    このアプリ、可能性を感じました。個人的にはハマれそうなのでもう少し進めてみようと思います。ナイスな記事ありがとうございます。

    返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.