アクションRPGのMage Gauntletで、親指の爪が剥がれる寸前まで遊んでみました。
グラフィックが綺麗で派手なゲームもいいですが、美しさだけがゲームの面白さを決めるわけではありません。


ストーリーモードはAct3まであります。
隠し通路を探したり、ゆっくり遊ぶ方であればじゅうぶんなボリュームだと思います。


画面左上のハートがライフです。
ゼロになると倒れますが、1ステージ3回までその場で復活することができます。
画面右上がスペルです。タップしてどのスペルを使用するか選ぶことができます。スペル以外のオプションなども、このボタンからです。
画面右下の剣のマークが攻撃ボタンです。長押しすることで、溜め攻撃が可能です。
攻撃ボタンの左の青いゲージがMAXの時ならば、溜め攻撃で突撃スキルが発動します。
攻撃ボタンの上の走っている靴のマークはダッシュです。これをうまく使うことが、ボス攻略になります。


スペルはフィールドにある壷を破壊することで手に入り、最大4個まで所持することができます。

どのようなスペルが手に入るか、それは手に入れるまでわかりません。


中でも、Time Circleは少し微妙なスペルです。
4個までしか持てないので、こんな状態になったら使って別のスペルを手に入れるほうがいいです。


レベルが上がると強力なスキルを覚えるということはありませんが、ポイントを振り分けて自分の好みでキャラクターを育てることができます。


装備は「Head」「Weapon」「Robe」「Trinket」の四種類で、おまけに「Pet」もあります。
武器を装備することで、攻撃力がどれほど上昇するかなどは表示されません。
とりあえず強そうな物を装備すればいいのかな…?
装備すれば見た目も変わります。


装備には特殊な効果があり、たとえば「Gambler’s Cut」を装備すれば、敵を倒した時にスペルを手に入れることがあります。


アチーブメントは全部で86個もあります。
キャンペーンをクリアしても、アチーブメントを全て達成するために遊び続ける人もいるでしょう。


皆さんが大好きなオークも登場します。
250円のうち、200円はオークに払ったと思えば安いものです。


これはオークのテントです。
集落を作ってテントで生活しているようです。
夜な夜なこのテントの中で雄のオークと雌のオークが…。


マッシュルームを育てているオークもいます。
この後、彼が育てたマッシュルームを、全て剣でズタズタにしてあげました。


オークの帽子もあります。
たぶん臭いと思いますが、最高にオシャレです。
LAのセレブ達も愛用しているはずです。


アサシンや魔法使いなど、様々なオークに囲まれてみました。
臭くて倒れそうですが、最高の気分です。
頭が沸騰しそうです。


オークの血は赤色でした。
オークの血は黒とかそういう色なので、中に人が入っているのかもしれません。

感想としましては、オークが主人公ではありませんので、全ての方にオススメ!というわけにはいきません。
みなさんはオークのことしか考えていないと思いますが、残念ながらオーク以外の敵も登場します。

真面目に書くと、結構面白いです。
難易度は簡単すぎず難しすぎず、ストレスを感じません。
攻撃しながら移動できないので、大勢の敵に囲まれると辛いですが、そうなる前にスペルを使ったり、ダッシュで逃げたりと、考えて遊べば問題ありません。
週末の予定が無い方は、Mage Gauntletで潰してみませんか?

ゲームキャストさんに、Rocketcat Gamesの中の人へのインタビュー記事があります。
ご存知の方も多いと思いますが、まだ読んでないよ!って方は、是非読んでみてください。
ダウンロード50万、課金者500人のゲームのその後は?Rocket Cat Games ミニインタビュー

現在の価格は250円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Jeremy Orlando
(c) 2011 Rocketcat Games

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Deer Hunter Reloadedはスニーカーよりブーツが好きな方におすすめ
Ow My Ballsで空を飛ぶ楽しさを知ろう

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.