ヒーロー達を影で支える存在になってみよう。

Merchant to the Stars

Merchant to the Starsは、過酷なダンジョンへ挑むヒーローになるのではなく、そのヒーローに武器や防具を売るお店側を楽しむゲームです。
レアな装備はドロップで手に入れるというのは、最近のRPGでは当たり前となっており、お店で武器や防具を購入する機会は減りつつあります。
このMerchant to the Starsの世界では、ヒーローがダンジョンで手に入れた装備を買い取って、他のヒーローに売ってあげることで、世界の平和を守るお手伝いをすることになります。

Front Deskで接客

merchant-to-the-stars-review-001

Front Deskはお店のカウンターで、ここで接客をすることになります。
接客と言っても、気の利いたジョークでお客様を楽しませたりする必要はありません。
また、「よかったら試着してみてください」とか「それの色違いがこれです」とか、ローグの如く背後から忍び寄ってバックスタブのような接客をする必要もありません。
歯茎が見えないように適度な笑顔でお客様を迎えてください。
もしお客様が挨拶してきた場合、当然ながら貴方も挨拶するべきです。
GreetやInquireに「!!!」が表示されている時は、お客様は貴方との会話を望んでいます。

画面上に表示されているのが今回のお客様です。
ヘルメット着用の方は入店をお断りするのが普通ですが、ここはファンタジーの世界ですから、体その物が鎧という方もいらっしゃいますので、ヘルメットを取れというのはタブーでございます。
このゲームでは、貴方は店の主人ということになりますが、ダンジョンを探索するヒーローだった時のことを思い出してみてください。
武器屋に立ち寄る理由は、買う・売る以外にも、装備の修理がありますよね?
というわけで、お客様が訪問した場合は、まず「Repair」をタップして修理をし、小銭を稼ぎましょう。

貴方もファンタジーの世界を冒険されたことがあると思いますが、バッグの中に武器を大量に入れ、ヒィヒィ言いながら町の武器屋まで運び、お店の経営状態など気にせずに押し売りした記憶があるでしょう。
それでは早速、押し売られてみましょう。
お客様が持ち込んだアイテムを、全て購入します。
Buyをタップして購入した武器は、Forgeに送られます。
購入時に「これは確実にスクラップだろう」と判断した場合は、わざわざForgeに送ってからスクラップにするのが面倒なので、Buy Scrapをタップしてください。
白いアイテムは全てBuy Scrapでいいと思います。
Buy Scrapで得た材料は、Steel・Stone・Wood・Crystalの順番でアイコンと共に残量が表示されています。
今回のお客様のアイテムの中には、ブルーの盾があります。これはスクラップにせず、Buyで購入してForgeに送ります。

全ての買い取りができたら、Dismissをタップしてください。
この世界のヒーローは、常に悪と戦い続けています。
用が済んだら再びダンジョンへと向かってもらいましょう。
ちなみに、お店に持ち込まれたアイテムを購入せずDismissすることも可能です。

Forgeでアイテムを磨き上げる

merchant-to-the-stars-review-002

Forgeでは、現在お店にある武器や防具が表示されます。
現在は、先ほど買い取りしてForgeに送ったブルーの盾のみが在庫となっています。
この盾を、さらに高値で売れるようにするのが、ホーニングという作業になります。
Honeをタップすることで武器を磨き上げ、さらに性能を高めることができます。
性能が高くなれば、売値も上昇します。
この画像では、左から順番にホーニングしていき、材料のStoneを消耗してValueとPowerが上昇していくのがわかっていただけるかと思います。
Honeではスクラップで獲得した材料を使い、Honing costsは数量を表しています。
使用する材料は、ホーニングしたい武器の台座で判別できます。
この盾の場合は、Stoneを使用します。
ホーニングの回数は制限があり、最大まで磨き上げるとHoneをタップできなくなります。

アイテムを売ってお金を稼ぐ

merchant-to-the-stars-review-003

押し売り勇者からの買取ばかりでは、お店の経営が右肩下がりになってしまいます。
よく考えてみてください。貴方がダンジョンでたくさんのアイテムを手に入れ、町で売ってお金にしようと思っていたのに、武器屋が閉店していたら困りますよね?
ミルク代や正月の餅を買うために、命がけで冒険を続ける彼らのためにも、貴方が店を畳む事は許されません。
そこで、ホーニングした強力な武器を販売し、売り上げを伸ばしていくことになります。
武器の販売方法は二つあり、一つはFront Deskでお客様に直接売りつける方法。もう一つはRedeemをタップし、ギルドキャラバンを使用して旅する商人に売りつける方法です。

せっかくなので、常連客のEornさんに盾を売りつけてみましょう。
お店に訪れるヒーロー達は、一つの武器と一つのアーマーを装備しています。
Sellをタップすることで、ヒーローの装備が表示されます。
今回は盾を売るので、ヒーローが装備しているアーマーSteel Hallowをタップします。
すると、画面右下に売れるアイテムが表示されますので、それをタップします。
画面には、今回売りつけようとしているSolid Stone Bucklerの性能が表示されます。
ヒーローが現在装備しているアイテムよりも性能が高ければ、そのアイテムを購入してくれます。
今回は、Steel HallowのPowerが5、Solid Stone BucklerのPowerが55ですから、ヒーローは喜んで購入してくれます。
注意しなければならないのは、こちらのアイテムを売る時に、相手の装備しているアイテムを下取りしなければならないということです。下取りできる財力が無いと、こちらのアイテムを売ることはできません。
ヒーローに対して売れないアイテムは、Redeemで売るといいでしょう。

Merchant to the Starsの面白さ

merchant-to-the-stars-review-004

なんだ、ただの商人ゲームか。
そう思うのは最初だけです。
稼いだ金額が増えることでレベルが上がり、さらにお店に訪問するヒーローも増えていきます。
そして、ヒーローそれぞれが異なるダンジョンに挑戦しており、そのダンジョンを攻略するために必要なPower ratingと装備を揃えてあげることで。ヒーローはそのダンジョンをクリアします。
グリーンの文字は条件に合った装備を身に付けていることを表し、オレンジは身に付けていない装備を表しています。
貴方が今からダンジョンに生息する巨大な炎の塊のボスを倒すことになった場合、氷の属性の装備が欲しくなりますよね?お店に訪問するヒーローも、そのように特徴的な装備を求めています。
何でもいいから性能の高い装備を売ればいいというわけではない点が、このMerchant to the Starsの面白さでもあると思います。
ただお金持ちを目指すゲームではなく、多くのヒーローをレジェンドにしてあげることが目的なのです。
貴方の名前は歴史に刻まれることは無いかもしれませんが、影で彼らを支えることはとても名誉なことです。
今までと全く違った視点で、ファンタジーの世界を楽しんでみませんか?

現在の価格は85円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Man Up Time, LLC
(c) 2013 Man Up Time, LLC

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Plants vs. Zombies 2は7月18日に配信予定
HEX: Shards of FateがKickstarterにて150万ドルを突破

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

2 Responses

  1. 名無し

    BGMが良くて買おうと思ったが、英語がキツイ
    普通にネイティブレベルだから無理ぽ

    返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.