『Out There』を購入し、数時間遊んでみたのでファーストインプレションを書いておく。もし友人に「どのようなゲームなの?」と聞かれれば、「『FTL』から戦略的な面白さを排除し、運だけで宇宙を彷徨うゲーム。」と答えるだろう。理不尽の塊ともいえるゲームシステムは、面白いと感じることすら困難だった。

ガニメデに向かう宇宙船 Nomad に何かが起きた。主人公が冷凍保存から目覚めると……。

ガニメデに向かう宇宙船 Nomad に何かが起きた。主人公が冷凍保存から目覚めると……。

プレイヤーは、遠く離れた目的地に向けて進んでいかなければならない。生き延びるために必要なのは、宇宙船の燃料 Fuel、酸素 Oxygen、そして宇宙船の体力 Hull の3つである。この3つは画面左上に数値で表示されており、ゼロになればゲームオーバーとなる。ただ、ゲームオーバーになってもガッカリする必要はない。それも1つの物語なのだ。

out-there-first-impression-002

宇宙船は自由に動けるのではなく、恒星から恒星へと Fuel と Oxygen を消費して一歩ずつ進んでいく。この画像はいわゆる全体マップのようなもので、Telescope によって見える範囲(青いサークル)が表示されている。宇宙船が移動できるのは、Space Folder が示す緑のサークル内の恒星のみ。この移動可能な範囲が決められていることが厄介で、よほど運がよくないと隣の恒星に移動できなくなり“Give Up”を選択しなければならなくなる。とにかく納得できないことが頻繁に起きるので、胃に優しくないゲームだ。

out-there-first-impression-003 一歩ずつ進んでいくなかで、モジュールを開発する知識を得たり、逆に忘れてしまったり、異星人と遭遇したりと、さまざまな出来事が起きる。何の理由もなくモジュールが壊れ、修理するための資源がなければその場で終了となることも多い。想定外の出来事が発生するのは楽しいが、それを回避するための手段が少なくイライラする。数時間遊んだ今、『Out There』は運試しゲームという感想しかない。

out-there-first-impression-004 何もかもが運次第である。ゴールに辿り着くのも、数分で“Give Up”するのも、資源のやりくりなんてどうでもよく、必要なのは運だけだ。たとえ順調に進んでも、運が悪いために重要なモジュールを手に入れることができず、納得できないままゲームを終了することが何度あることか。「宇宙で生き延びることの厳しさ」を表現しているのかもしれないが……。

out-there-first-impression-005 『Out There』は読み物である。画面をタップして、ページをめくっていると考えればいい。もしも主人公が死んでしまったら、今回の物語はそこで終わりだったと思えばいい。むしろ、そう思わないとやってられない。エンディングを見ていないので、現時点では面白いかどうかの判断はできない。数十時間遊べば面白くなるかもしれないが、何度も遊びたいと思わせる魅力は感じられなかった。

現在の価格は500円です。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスの最終確認をお願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Graines de SOL
(c) Mi-Clos Studio 2013-2014

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

サイコロを使った戦闘が楽しそうなRPG『Tiny Dice Dungeon』 が気になる
話題の新作『Out There』など、最近の新作や値下げタイトルを紹介

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

12 Responses

  1. 匿名

    はじめまして、あまり評判が良くないようですが、私はこのゲームにすっかりハマりました。
    ゲームのシステムを理解して戦略的に動けばクリアは充分可能ですし、ゲームとしてなかなか奥深いのではないかと思います。

    運試し要素が強い事は否めませんが、昔のローグライクゲームもこのぐらい理不尽だったように思います。
    まあ、気軽にちょっとした空き時間にスマホのゲームを遊ぶ、という感覚では遊び辛いので
    時代には合っていないんでしょうが……

    返信
    • Troll

      おおお!僕ももう少し遊んでみます。
      Space Folderの範囲が狭くて行き詰るパターンが多いのですが、回避する手段ってありましたか?

      返信
      • 匿名

        いくつかSpace Folderの範囲を広げる装備がありますよ
        一つ装着するだけで範囲が倍ぐらいになるのでかなり有用です。

        運良く他の恒星に行った時や、岩石惑星に降りた時に運良く覚えるか
        あとは、宇宙人の質問に正解すると技術を教えてもらえるので
        粘り強く色々な星系を渡り歩くのが肝心ですね

        最初は燃料、酸素、耐久力が多く補給できる場所を見つけて
        そこを拠点にちょっとずつHe、O、Feを貯蔵して充分な備蓄が出来たら
        次の拠点を見つけるまで綱渡りをする、みたいな感じで進めれば
        そう簡単にはゲームオーバーにはならないと思います

      • Troll

        なるほど。急いで進むとうまくいかないようですね。
        Space Folderの範囲が広くなるモジュールは、たまに発見できるんですが、それを発見するまでに移動できなくなるパターンが多かったんです。
        考え方をリセットして、再度遊んでみます。
        ありがとうございました。

  2. ネクサス

    いつも拝読させていただいております。このゲーム、興味があったのですが、微妙ですね。とはいえ、覚悟して落としてみます。
    なお、記事中「異性人」は「異星人」の誤りでしょうか?

    返信
    • Troll

      とりあえず第一印象はイマイチという感じです。もう少し遊んでみて、面白さを発見できればお伝えしようかなと思っています。
      異性人…なんだかヤラシイ間違いですね…異星人に訂正します。ありがとうございました。

      返信
  3. 名無し

    値段が割に合わないし、開発期間が長い割には内容がしょっぱい

    返信
    • Troll

      リリースされる前の評判も良かったので、ガッカリ感もたっぷりです。

      返信
    • Troll

      きっと読み物です…
      ただ、海外では絶賛されているので、もっともっと遊べば楽しくなるのかもしれません。

      返信
  4. R.K.

    ざっくりとレビュー見る限りだと、ランダム製のあるテキストアドベンチャーみたいな感じなんですかね?
    FTLもかなり運に左右されますけど、運とプレイヤーの介入できる事のバランスが取れてるのが、あの独特の中毒性の源なんですかねぇ…

    返信
    • Troll

      そうです。テキスト主体のアドベンチャーって感じです。
      FTLの中毒性はまさにそのとおりで、Out Thereにはその魅力がないです…

      返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.