見事に生まれ変わったとは言えないけど良作。

Prince of Persia The Shadow and The Flame

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-001
“フザけんなよ!” “こんなの無理だろ!” 何度心の中で叫んでもエンディングを目指して遊んでしまう、そんな奇妙な魅力を持ったアクションゲームがPrince of Persiaで、難易度の高いゲームとしても有名だ。
何度も同じ場面で死にながら学び、ステージをクリアしていく”Trial-and-error”が好きな方に人気がある。
“燃えろプロ野球”で鍛えられた強靭なハートを持っているなら、問題無く遊べるだろう。僕は”燃えプロ”を壁に投げつけて破壊した。
正義感が強い主人公というわけではなく、「こんなはずじゃなかった…」的な人生を歩んでいるなんとも悲しいプリンスが主人公だ。
前作でプリンセスを助けて王国を救い、英雄となって崇められる人生を送るはずだったにもかかわらず、人々はプリンスを”物乞いを見るような目”で見るようになった。
なんとも悲しいお話だが、憎きジャファールを倒すのが目的だ。

残酷なトラップ

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-003 各ステージにはトラップが豊富だ。
刺されば即死するものもあれば、ダメージを受けるだけで済むものもあり、それは一度突撃して体で覚えるといいだろう。
プリンスを死に追いやるトラップだけではなく、ボタンで動作する扉や動く壁などもあり、ステージを駆け回ってそれらの仕掛けを解きながらゴールを目指すことになる。
それぞれのステージに、体力の最大値を増加させるアイテムが用意されており、ただクリアするだけという遊び方ではなく、100%クリアを目指してもいい。

Prince of Persia独特の動き

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-004
prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-005
Prince of Persia独特のなめらかな動きは、グラフィックが美しくなっても引き継がれている。
途中で調整ができないジャンプ、距離を縮めるための忍び足、上や下への昇り降りなど、全てはPrince of Persiaのルールを守って作られている。
この独特の動きが難易度を上げており、うっかり事故死を多発させる。
死んでしまった場合、復活薬を使って復活するか、それともステージの最初からやり直すかを選択することができるが、その場で復活できるわけではないので、最初からやり直せばいい。
薬に甘えてはいけない。

派手になった敵との戦闘

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-006 敵との戦闘は、ガードからのカウンター、そして3種類のコンボを叩き込むというのが基本になる。
Serpent Strike:最後の一撃を、ジェスチャーなら下から上へスワイプ、スティックなら上に入れて攻撃ボタンで体力回復。
Tiger Thrust:最後の一撃を、ジェスチャーなら横へスワイプ、スティックなら横に入れて攻撃ボタンで敵をノックバック。
Falcon Fury:最後の一撃を、ジェスチャーなら上から下へスワイプ、スティックなら下に入れて攻撃ボタンで敵に大ダメージ。
これらのコンボは商店でパワーアップさせることができ、もちろん威力が増加する。
Tiger Thrustで敵を落下死させたり、トラップに押し込むこともできる。
敵とは常に1vs1というわけではなく、前後を敵に囲まれることもあるが、同時に攻撃してくることはないので、落ち着いてガードしていけばダメージを受けることはない。

商店でアイテムを購入することも可能

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-007 武器は商店で購入できるが、敵との戦闘はそれほど難しくないので、武器の存在は薄い。
ゴールドを貯めて新しい武器を買わないと敵が倒せないという状態にはならない。
これはちょっと残念で、せっかく武器が数種類あるんだから、何か工夫が欲しかった。
アチーブメントのために強力な武器を購入し、早い時間でクリアするためだけに存在しているような気がする。
ゴールドは課金で購入することもできるが、ゴールド不足でゲームの進行が止まることはない。

良くなった部分もあるが

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-008
prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-009
グラフィックは美しく、そしてアクションもカッコ良くなっているが、1993年に発売されたPrince of Persia 2: The Shadow and the Flameのほうが表現力は豊かだと思う。実際にプレイしたことはないが、Youtubeなどで動画を見るとそう感じた。
例えば第1章で船に乗り込む場面があるが、Prince of Persia 2では動き出す船に走って飛び乗ることになる。しかし、iOS版では停まっている船によっこらしょっと乗ることになる。どちらも船に乗ることに違いは無いが、走って飛び乗るほうがスリリングだろう。
その後、島に漂着して洞窟に入ることになるが、iOS版は突然洞窟の中からステージが始まる。カットシーンで座礁した船と洞窟を見ることができるが、「お?洞窟だ。中はどのようになっているんだろう?」と、プレイヤーをワクワクさせるような部分が全体的に削られてしまっている。
それでもトラップ回避や、仕掛けを解く楽しさはしっかりある。

難易度はそれほど高くない

prince-of-persia-the-shadow-and-the-flame-review-010
難易度はじわじわと上昇し、終盤になるとかなり難しくなり、iPadやiPhoneを真っ二つに割る人も出てくるかもしれない。
フリスビーのように窓からiPadを投げてやろうと何度も思ったが、どうにか耐えてクリアすることができた。
ようやく14ステージの悪夢から解放された気分はとても良い。
手に汗をかき、iPadの画面がヌルヌルになるほど濃い1時間47分だった。
しかし、落ち着いて考えてみると、ゲーム自体の難易度は低いように思える。キャラクターが死ぬのは、”しゃがむ予定だったのにしゃがめなかった”とか”ジャンプするはずなのに変な方向に走り出してしまった”というような、操作ミスが発生した時だけだ。
終盤になると、そういった操作ミスによって死ぬ場面が増えるので、難易度が上がっていくように感じられる。
だから、”Prince of Persiaは難易度が高いんだろう?”と思って避ける必要は無い。

派手さ以外も進化してほしかったが、アクションゲームが好きなら買って損はしないだろう。
ボリュームは少ないが、クリア後は実績解除を目指してやりこめばいい。

現在の価格は250円となっております。
iPod touch第4世代だとクラッシュするようです。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Ubisoft
© 2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Based on Prince of Persia® created by Jordan Mechner. Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries. Prince of Persia is a trademark of Waterwheel Licensing LLC in the US and/or other countries used under license.

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

フェアルーン - 懐かしい難しさを楽しめるRPG
Space Hulkの予約が開始(PC/Mac版のみ)

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.