二ヶ月以上前の話になりますが、2014年4月9日から11日までの間、ドイツのベルリンではインディーゲームの祭典「A MAZE. Berlin 2014」が開催されていました。現地で直接見たわけではありませんが、エントリータイトルのなかで気になった作品が『SwapQuest』です。開発はドイツのデベロッパー Rebusmind

『SwapQuest』はパズル RPG です。といっても、『Puzzle Quest 2』や『Scurvy Scallywags』などのようなマッチ3ではありません。タイトルに“Swap”があるように、道が描かれたタイルを素早く入れ替え、キャラクターが進むべき道を作り上げていきます。ゲームの仕組みはトレーラーを見ていただくとわかりやすかと思います。

プレイヤーは2人のキャラクター(Wilbert / Wilma)のどちらかを選択し、魔法の王国 Sturmwind を古代の悪から守るために伝説の剣を探す冒険に出発します。「Noble」や「Rogue」など5つのクラスが用意されており、能力値の違いなど特徴があるようです。ただ道を作り上げていくだけでなく、進路を妨害する岩をタップ連打で破壊したり、画面の端から真っ黒な霧が迫ってきたりと、冒険が単調にならないような工夫がされているように感じます。

『SwapQuest』の対応プレットフォームは iOS / Android / Windows Phone が予定されており、リリース時期は未定です。6月10日の時点で2体目のボスを作成し終えたということで、遊べるのはまだ先になりそうです。

関連:SwapQuest / Rebusmind

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

王国を繁栄させるストラテジー『Kingdom』現時点ではPCブラウザ版のみ公開
先週のニュース:ロボットTPS『MECH』トレーラー公開など

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.