Skull Legends

skull-legends-review-001

IGF 2014にエントリーされた気になるiOS対応ゲーム Part 3でも紹介した、スペインのインディーデベロッパーPlayShore開発のタワーディフェンスゲーム「Skull Legends」を遊んでみました。
「Skull Legends」は、プレイヤーによって放たれる矢がメインの攻撃となり、そしてアップグレードも可能な数種類のタワーを建設し、決められたルートを歩いて迫ってくるスケルトン達を返り討ちにするゲームです。つまり、FPSとタワーディフェンスが合体しています。

細かいことを言うと、スケルトンには刃物ではなく鈍器で攻撃するのがファンタジーの定番だと思うので、スケルトンに対して矢で攻撃するのはちょっぴりおかしい。
iPhone/iPod touch向けの通常版、そしてiPad向けのHD版に分かれており、今回はHD版のレビューになります。

skull-legends-review-002 各ステージ(合計24)には難易度EasyとNormalがあり、どちらも星3個が最高となっている。
星の数によってステージがアンロックされたり、何か特別なボーナスを貰えるわけではないので、星を何個集めるかは自己満足だと思われる。
もしかしたら、全ての星を集めると難易度Hardがアンロックされるのかもしれない。
初めて遊ぶ人はNormalで進めていき、無理だと感じればEasyで遊ぶといい。
ステージ数が少ないような気もするが、そこは今後のアップデートに期待したい。

skull-legends-review-003 一番左の緑の数字、これはタワーを建てるために必要となるEctoplasmの所持数で、スケルトンを倒すことで増えていく。
その右、頭蓋骨が3個並んでいるのは、現在のウェーブ数/総ウェーブ数を表している。
さらに右、盾のマークは、スケルトンに突破された回数を表している。このステージの場合、10体のスケルトンに突破されるとゲームオーバーとなる。
ハートマークはHPを表しており、スケルトンが投げる飛び道具を防げなかった場合に減少していき、0になればゲームオーバーとなる。
ハートの右には、このステージで現在獲得しているコインの枚数が表示されている。
そしてコインの右には、Bracerの特殊なスキルを発動させるボタンが配置されている。

画面左には、使用できる矢がいくつか並ぶスロットがある。
矢はそれぞれ特徴的な効果を持っており、爆発したり毒ダメージを与えたり、スケルトンのタイプによって使い分けることになる。
矢の本数に制限は無いが、発射するたびにスタミナを消耗する。現在のスタミナは、矢のスロットの右側に黄色のバーで表示されている。
矢がスケルトンに当たるまで、少し時間がかかる。よって、スケルトンの移動を読みながら発射しなければならない。
スケルトンは、移動の途中で一時停止したりと、こちらの矢を放つタイミングをズラすような動きをする。盾で矢を防ぐスケルトンも出現し、簡単に倒せないようになっている。この工夫はとても良い。

skull-legends-review-004 画面右をタップすると、所持しているPotionがズラっと表示される。
この中から投げたいPotionをタップで選択し、そして投げ付ける場所を定めてタップする。
Potionを使う機会はほぼ無いので、普段はPotionスロットが隠れている。
矢とタワー、そしてBracerのスキルだけでなんとかなってしまうので、存在を忘れてしまっても問題無い。

skull-legends-review-005

各ステージ、スケルトンが歩くレールに違いはあるが、どれも似た感じになっており、おっ!?と思わせるステージは1つしかない。
各ウェーブごとに、建設タイムのような待ち時間がないので、全てをリアルタイムでやらなければならず、どのタワーを建てるかを考えている時間は無い。
スケルトンと矢の相性もあるが、結局はそんなものどうでもよくなって、矢もタワーも1種類しか使わなくなる。
そして最終的には、適当にやればなんとかなるという状態になってしまい、遊び始めの頃に感じた興奮は何処か遠くへ飛んでいってしまう。
タワーの建設とアップグレード、スケルトンが投げる攻撃をタップで防ぎ、そして矢で攻撃するという忙しさが楽しく感じられるステージもあるが、それはクリア目前の数ステージだけだ。

skull-legends-review-006 Marketでは、Potion/Arrow/Bracer/Bowをコインで購入することができる。
Potionは、投げ付けて範囲ダメージを与えるものが基本で、スタミナを回復するものもある。
Arrowは、1発ずつ放たれるもの、3発連続で放たれるものがある。強い矢ほどスタミナの消耗が激しい。
Bracerは特別なスキルを持っている。
Bowは、ダメージやスタミナの最大値に影響を与える。もちろん高いものほど性能が良い。
ポーションは、各ステージ初回クリア時に出現する宝箱から手に入ることが多いが、それ以外はコインで購入することがメインになる。
コインは貯まりにくいため、無駄な買い物に使ってしまうと、どうにもならなくなる可能性があるので、買い物は慎重に。そのためか、セーブは3つまで可能となっている。
最終的には課金でコインを購入し、Potionを大量に消費しなければクリアできないというバランスではない。

敵の出現パターンや、こちらの攻撃との相性を考えて戦術を練るようなタワーディフェンスではなく、Kingdom Rushなどと同じように、適当に遊んでもクリアできるタイプのタワーディエンスです。
各ステージの各難易度を初回クリア時のみ経験値を獲得でき、レベルが上がっていきますが、レベルアップによって何に変化が出ているのか不明です。
レベルが上がっても、タワーや弓矢にポイントを振ってアップグレードするということはできません。
目立ったバグも無く、グラフィックやサウンドも良いのですが、イマイチ盛り上がらないというのが本音です。
近所にラーメンとカレーライスがメインのラーメン屋があるんですが、その店でラーメンとカレーライスのセットを頼んだような気分です。

現在の価格は、通常版が100円、HD版が300円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

通常版はこちらからもダウンロード可能です HD版はこちらからもダウンロード可能です

販売元: Playshore, S.L.
(c) 2013 PlayShore

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Space HulkのiPad版は12月5日にリリース
Assassin's Creed Piratesのリリースは12月5日

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.