Rogue Legacy』『Chasm』『Deep Dungeons of Doom』などのアーティスト Glauber Kotaki 氏や、複数のベテランアーティスト/クリエイターで構成されるチーム Counterplay Games が、ターンベースのストラテジーゲーム『Duelyst』を開発中です。チームの指揮をとるのは、元『Diablo III』 のリードプロデューサー Keith Lee 氏。先週より開始されたKickstarter プロジェクトは、目標金額を達成しました。

『Duelyst』が対応するプラットフォームは PC / Mac / Web ですが、iOS / Android に対応する可能性もあるようです。最優先ではないとのことで、もしかしたら iPhone や iPad で遊べるかもしれないという感じでお願いします。Kickstarter は残り23日間ありますので、そのうちストレッチゴールに追加されるかもしれません。

『Duelyst』は、2014年の12月リリースに向けて開発が進められているターンベースのストラテジーゲームで、6体のユニットで構成されるチーム同士の戦いを楽しめる、いわゆる戦術ゲームです。この6体という数字は、スクリーンショットやトレーラーから判断したものなので正確ではありません。ルールは相手のチームを全滅させるという単純なもので、30分程度で勝敗がつくように調整されているとか。

4つのゲームモードが用意されます。あらかじめ決められた部隊で戦う(?) Ranked Draft、プレイヤーが所持するユニットで部隊を編成して戦う Ranked Normal は、1ターンが90秒という制限があります。Practice Casual は非同期のマルチプレイで、お互いのターンが終了すると E メールなどで知らされ、時間を気にせず対戦することができます。AI と戦う Single Player では、PvP に向けた練習ができます。

何より嬉しいのは、 Free-to-Play ではないことです。よって Pay-to-Win でもありません。『Duelyst』は買いきりで、ユニットやスペルは多く遊ぶことで手に入るようになっています。

リリース時には5つの種族と100以上のユニットとスペルが用意されます。これらは設定されているストレッチゴールの達成によって増えていきます。素晴らしいコンセプトアートやゲームの詳細は、Kickstarter をご覧ください。個人的に Glauber Kotaki 氏のアートスタイルが大好き(とくにピンクや赤の使い方)なので、今年の12月が楽しみです。

公式サイト:Duelyst

関連:DUELYST by Counterplay Games – Kickstarter

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

『Chroma Squad』最新トレーラー公開。日本語ナレーションも素敵
楽しかった「BitSummit 2014」

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.