7DRL(7日でローグライクを作るイベント)向けに開発された『Tales of the Adventuring Company』が、モバイルに移植されます。タイトルは『Tales of the Adventure Company』に変更され、PC 版は Game Jolt でプレイできます。

各フロアは25枚のタイルで構成されており、「タイルを1枚めくる=1ターン」です。画面左上には残りターン数が表示されており、これがゼロになると強制的にゲームオーバーとなります。各フロアに登場するモンスターを倒すと、鍵が手に入ります。その鍵を使って出口に行けば、次のフロアへと移動できます。

tales-of-the-adventure-company-coming-to-ios-001

25枚のタイルの上部には、3体のキャラクターが表示されています。そしてキャラクターの右には、このフロアのどこにキャラクターが隠れているかが表示されています。緑は味方キャラ、赤は敵モンスターを意味しています。味方のキャラクターを救出すればパーティに参加します。パーティは最大4名。

タイルをめくるまで何が起きるかわからないというのではなく、敵や味方の位置はある程度予測できるようになっています。といっても、簡単にクリアできるわけではありません。

あらかじめモンスターの配置などを予測できたとしても、鍵を手に入れるための戦闘は避けられません。そして敵は強く、回復手段となる「CAMP」で休憩すると10ターン消費します。残りのターン数を常に気にしながら、なるべく「CAMP」を使わないように進まなければなりません。ライフが少ない味方を犠牲にし、新しいパーティメンバーを迎え入れる判断も重要です。

ルールはとてもシンプルで、ダンジョンの最上階を目指すだけです。しかし、最上階に辿り着くために求められる戦略は、そう単純ではありません。

現在は Windows Phone(1.99ドル)向けに配信されています。今後、5月29日に Android、6月5日に iOS 版がリリースされる予定です。

関連:Slothwerks

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

iOS版『テラリア』配信開始
近日配信予定のパズルRPG『Puzzle Warriors Adventure』序盤のプレイ映像を公開

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.