全世界のスケートボードファンが発売を待っていたであろうTrue Skateが、ようやく日本のApp Storeでも発売されました。
画面には人間の姿は無く、スケートボードだけが表示されています。
指を最大限に使いこなし、あらゆるトリックを決めましょう。

Tech DeckのFingerboardがiPhoneで遊べるという感じで、10年前にFingerboardで遊んだことがある自分にとってはとても懐かしい感じがします。
ただ、かなり難しいです。
初めてゲームで遊ぶ時は、5つのミッションをクリアすることになります。
その後は、自由にパークを滑ることもできますし、新しいミッションに挑戦することもできます。
個人的に、現時点でiPhoneで遊べるスケートボードゲームの中で一番おすすめです。


MISSIONの解説をよく読まずに開始してしまい、「あれ?オーリーってどうやるんだっけ?」という自体になったら、画面左上にある一時停止マークをタップし、MissionsからAllを選んで過去のMissionを再度行うことができますので、ここでやり方を再度確認することができます。

というわけで、最初の5つのミッションを簡単に説明しておきます。
英語が全く駄目な方の参考になるかもしれません。ならなかったらごめんなさい。


まずは基本のPushです。スワイプでボードを前に進めることができます。


続いて左右に移動する操作です。


最初の難関オーリーです。
よく読まないままMISSIONを開始してしまい、ショボいオーリーを5回決めてクリアーしてしまうと、正しい操作を知らない状態で次のMISSIONが始まって困りますよ。
ボードのテール部分を下にフリックさせることで、オーリーができます。
ノーズを放置しておくと、そのまま宙返りしてボードがひっくり返ってしまうので、Ollieをするときはノーズでバランスを取りましょう。
かっこよくキメるのは難しいので、何度も練習してください。


Pop Shove Itは、スケートの知識が無いので上手く説明できませんが、テールとノーズをクルッと入れ替えるという感じのトリックです。
テール部分を左にフリックするのですが、真横ではなく左斜め下にフリックすることで綺麗に決まります。


次はKick Flipです。
オーリーを決めてから、ボードを左にフリックします。
最初は焦ってしまうと思いますが、落ち着いてオーリーをしてキックフリップをやりましょう。
ダブルキックフリップになる場合は、一回目のキックフリップができた時に素早くボードを指で押さえて、ダブル以上にならないようにすることができます。

ここまでの基本MISSIONが終われば、後は好きなようにパークを滑ってください。
新しいミッションに挑戦するのもいいでしょう。
僕のような、スケートボート経験がほとんど無い人間でも、それなりに楽しく遊べています。
待ち合わせの時なんかにピッタリだと思います。

最も重要な攻略方法の一つは、心を落ち着けることです。
人差し指と中指の2本の指を足と想定して操作するのではなく、まずは人差し指だけで操作してみてください。
PUSHを使ったスピードの調整なども重要です。

有料のアプリなので、全ての方におすすめすることはできません。
動画などを見て、じゅうぶん暇潰しになりそうとか、面白そう!って思ったら買ってみてください。
スケートボードが大好きだという方には、強くおすすめできます。
イメトレになるかどうかわかりませんが、24時間いつでもどこでもスケートができるんですから。

True Skate App
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥170(記事投稿時)
販売元: TRUE AXIS PTY LTD

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

宇宙船での生活を楽しめるStar Commandが気になる
CarmageddonをiPhoneで遊べる日がきました

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.