Ultima Forever: Quest for the Avatar

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-001
ブリタニア王国を「黒涙病」から救うために立ち上がった貴方は、困っている人達を助け、ダンジョンでモンスターを討伐したり、”徳”を積みながら成長していく。
それほど広くない世界を駆け巡り、黙々とレベル上げをし、鍵の存在に縛られながら冒険を進めていく。
僕はウルティマ経験が少ないので、「これぞウルティマ!」なのか「こんなのウルティマじゃない!」なのか、どちらかわからない。

ダンジョンについて

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-002
ストーリーを進めるため、レベリングのため、色々な理由でダンジョンを訪れることになる。
ダンジョンには最大4人が同時に入ることができるが、ダンジョンに入る前にグループを組んでおく必要があり、ダンジョンをスタートさせてからではメンバーを招待することはできない。
モンスターとの戦い方や攻撃方法などはとても簡単なので説明は省く。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-003 グループを組んでダンジョンに入ると、誠実の箱が出現することがある。
誠実の箱は誰でも開けることができるが、心理テスト的なイベントが発生し、正しい答えを選択することでポーションなどが手に入る。
レベルが上がるにつれ、ポーションを使う機会が増えるので、なるべくグループを組んでダンジョンを探索し、ポーションを手に入れておくことも大事。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-004
ゲーム自体は日本語化されているが、MMO英語の知識があるほうがいい。
まず、ソロでダンジョンをクリアすることが難しいため、頻繁にグループを組まなければならず、チャットで募集をかけることになる。
「LFG Luckless Keep」とか、意味が通じれば何でもいいのだが、困ったことに”Luckless Keep”は”ラックレスキープ”と日本語で登場するので、そのダンジョンの名前を英語でチャットに打ち込まなければならず、”ゴーントキープ”などダンジョン名のスペルを毎回Google先生で調べなければならない。
Wikiには英語名が全て載っているので、ここからダンジョン名を覚えるといいだろう。
日本語でのチャットも可能だが、誰が日本人なのか見た目ではわからず、相手に問おうと思っても”Japan”と”Japanese”は禁止ワードになっているので、確認することも難しい。
“Nippon”や”Nipponjin”は禁止されていない。

WoWにあるDungeon Finderのような便利な機能は無く、招待する前に自分が行きたいダンジョンを相手に伝えなければならず、これはとても面倒臭いが、古いMMOで遊んでいるようで懐かしい気分になれる。

徳について

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-005
ウルティマの世界では、やたら”徳”という言葉が出てくる。
“霊性” “慈悲” “武勇”など、様々な種類があるが、どの”徳”でも溜まればレベルが上がる。
“徳”によってキャラクターの評判が変化するようだが、今のところよくわからない。
“徳”を積んでレベルが上がれば、キャラクターは強くなり、金のカギが貰える。さらに入れるダンジョンも増える。
わかったらさっさと徳を積む作業に戻るんだ。

宝箱と鍵について

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-006
大きな宝箱を開けるには、”カギ”が必要になる。
“金のカギ” “銀のカギ” “銅のカギ”の3種類があり、金はレベルアップや課金で手に入り、銀は銅を変換して手に入れることもできる。モンスターを倒すと頻繁に”銅のカギ”が手に入る。
3種類の”カギ”がある時点で、ほとんどの方は”金のカギ”じゃないとレアな装備が手に入らないと考えるだろう。それはほぼ正解だ。
“銀のカギ”でもレアが出ることはあるが、確率は低い。
エピック装備は”金のカギ”じゃないと手に入らないというのは納得いかないが、金のカギは最低850円からとなっており、70個あれば8回使える。他のゲームに比べるとかなり良心的な価格だ。
まぁ、課金するかしないかはお好みで。

レア度は、”コモン” “アンコモン” “レア” “エピック”の4種類がある。
ということは、”金のカギ”で宝箱を開ければ、強力な武器や防具が手に入るのか!と思うのが普通だが、その考え方は捨てよう。
レア度は、武器や防具だけにあるのではなく、カードやカギやクエストアイテムにもある。他にも、見た目を変化させるだけの装飾品にもレア度がある。
つまり、”金のカギ”を8個使って宝箱を開けたら、1回しか使えないエピックカードが1枚だけ出たり、金のカギが出る可能性もあるということ。金のカギが出る時は、他のアイテムとセットになるはず。
必ず武器や防具が出るというわけではなく、”金のカギ”を大量に購入したからといって強くなれるわけではない。
もちろん、”銀のカギ”を使って”金のカギ”が複数出ることもある。

このゲームでは、宝箱の存在がゴミ箱に見えてしまうが、銀のカギが余っているなら運試し感覚で開けてみるといい。
もし運に自信があるならば、”金のカギ”で宝箱を開けるといいだろう。

装備について

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-007
この世界の武器や防具は、豆腐に近い素材で造られており、簡単に壊れてしまう。
完全に壊れてから性能が落ちるのではなく、耐久度が下がるにつれ性能も落ちていく。
武器や防具を修理するには、”銀のカギ”が必要となる。
「全て修理」をタップすると、貴重な”金のカギ”を消費することになるので、間違っても押さないように注意したい。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-009 装備の中には、特定のRepを上げないと身に付けられない物がある。
せっかくユニークなマントを手に入れたのに、コーブのRepを13まで上げなければ、この「漆黒の死体袋」を背負うことはできない。
と言うか、こんな臭そうな袋を背負ってる奴と同じグループになりたくないな…。
これを装備したいがために、ひたすらRep上げを頑張ろうと思う僕はどうかしてる。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-008
装備は武器と防具以外に、タロットカードがある。
このカードは、ダンジョン開始前にしか装備することはできず、一度使用すると消えて無くなってしまう。
ここぞという時に使用するといいと思うけど、勿体無くて使えない。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-010
装備は宝箱以外で手に入れることはできず、ボスを倒したら光り輝くエピック装備をドロップした!なんてことは無い。
そういった夢や希望は捨てたほうがいい。
もちろんお店で購入することもできない。

ウルティマ フォーエバー Quest for the Avatarの感想

悪い点は多いが、良い点もある。と言いたいところだが、良い点が見つからない。
レベルの上がりにくさ、そして鍵の増えにくさ、廃人向けのゲームバランスはどこか懐かしく、10年ほど前に遊んだMMOを思い出す。
現在レベル8まで育てたが、カギの在庫は常にギリギリの状態で、装備を手に入れることよりも修理が優先となっており、いつ心が折れてもおかしくないのに、金のカギで手に入れたゴミを見つめ、泣き声で「Gaunt Keep anyone?」と叫び続けてしまう。
ダンジョン内のラグも酷く、ローディングで固まることも多いが、それら悪い部分も面白おかしく感じてしまわなければ、このゲームを楽しむことはできないだろう。

ultima-forever-quest-for-the-avatar-review-012
しばらく考えると良い点が見つかった。
それは、サイドクエストが豊富で、レベル上げ以外にもRep上げという過酷なやり込みもあり、何もやることが無いという状況にならないという点だ。
ゲーム内で友達を増やせば、「手伝ってくれ~」とか「ひたすらレベル上げしようぜ」とか「Repが最大になるまでこのダンジョン繰り返そう」とか、そういった楽しみ方もできるのは魅力的だ。
NPC達の独り言も生活感が出ており、この世界の1人になりきって遊べるように手助けをしてくれている。
あなたもウルティマの世界の住人となり、鍵の縛りに耐えながら、共に徳を積もうではないか。
もしダンジョンがクリアできなくて困っているなら、「Lostmypants」をフレンドリストに追加するといいかもしれない。

現在の価格は無料となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: Electronic Arts Inc.
(c) 2013 Electronic Arts Inc.

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Morphopolis - 美しすぎるアドベンチャーゲームが配信予定
Ultima Forever: Quest for the Avatarが配信されています

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

8 Responses

  1. pogy

    まだまだ始めたばかり、ウルティマという名前で飛びついちゃいました。相変わらずの懲り具合で面白そうな半面、難しい面も多々あるような…。でもそれが昔からのウルティマの良い所でもあるような感じが…。

    何とか無課金のまま続けてみたいと思っています。また書き込みします。

    返信
    • TROLL

      日本語でチャットすると、たまに日本の方が反応してくれるので、フレンドを増やしつつグループを組んでダンジョンに突撃したりして楽しんでください!

      返信
  2. EMMA

    本当に豆腐に近い素材で出来てますよね…。
    調子乗って銀の鍵で宝箱を開けまくったので、修理に追われる毎日です。

    返信
    • TROLL

      すぐ壊れますよね…。
      攻撃すると武器が、ダメージを受けると防具が壊れていくのかと思いきや、柱を押したりしても壊れます…。

      返信
  3. E

    「共に徳を積もうではないか」が宗教団体の勧誘みたいで不気味ですね…

    返信
    • TROLL

      うはは
      新ナニワ金融道で、徳を積む宗教団体が出てきたのを思い出して書きましたw

      返信
  4. ane

    “良い点が見つからない”で笑っちゃいました
    そういや昔のMMOってそんな感じでした
    でも何故か楽しかった
    WoWで僕たちが得たもの失ったもの

    返信
    • TROLL

      PKがあれば、真っ先に良い点として紹介したのですが…。
      なんだか古いMMOで遊びたくなってきましたw

      返信

Leave a Reply to TROLL Cancel Reply

Your email address will not be published.