iPad専用の MOBA『Vainglory』が近日配信予定となっています。開発は、カリフォルニアに拠点を置くデベロッパー Super Evil Megacorp。過去に Riot Games、Blizzard Entertainment、Rockstar Games などでゲーム開発に携わった方々が、チームメンバーに名を連ねています。

3 vs 3で試合が行われ、各ヒーローは3つのアビリティを使って戦います。基本的なルールは他の MOBA と同じで、相手の本拠地を破壊することです。

vainglory-coming-to-ipad-001

マップはメインのレーンが上部に1本あるだけで、それ以外はジャングルといった感じです。ジャングル内にはアイテムを購入できるショップや、ゴールドを採掘する鉱山「Gold Mine」、占領することでミニオンが強化される「Minion Mine」があります。この2つの「Mine」は、試合開始から4分経過後に出現します。試合開始から15分が経過すると、強力なモンスター The Kraken が出現します。倒すことができれば、The Kraken は味方となって敵陣に突撃します。

“日本は対象外”となるゲームが多いため、『Vainglory』も日本で配信されるかどうか不明です。もしリリースされれば、現在βテスト中の『Fates Forever』と真っ向勝負になるかもしれません。

「iOS/Android+PvP+Free to Play=Pay to Win」なわけですが、面白いことに『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』や『Solstice Arena』などモバイル向け MOBA にかんしては、P2W になっていません。そのため、いかに多くのプレイヤーを集めることができるかがカギになると思われます。はたして iPad 専用でどこまでプレイヤーが増えるでしょうか。

関連:Super Evil Megacorp / Vainglory / Polygon

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

アクションRPG『Devious Dungeon』無料配信中
Android: マッチ3ストラテジー『Game of Legions』

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.