XCOM Enemy Unknownが発売されてから、目の下に隅ができた人も多いのでは?

XCOM Enemy Unknown

xcom-enemy-unknown-review-001 宇宙人に侵略されてしまった地球、そして未知の生命体から人類を守るために戦う特殊な部隊、アメリカのテレビドラマならシーズン2で打ち切りになりそうだけど、ゲーム好きの男性ならワクワクする設定だと思う。
人類の危機を救う一人の兵士になるのではなく、数人の兵士で構成される部隊を指揮し、そして他の国とも協力をしつつ、我が国だけではなく世界を救うことも求められます。
エイリアンとの壮絶な戦闘、そして頭脳を生かした内政、あなたの指揮官としての才能が試されるゲームです。

戦場では常に緊張感が漂う

xcom-enemy-unknown-review-002 エイリアンとの戦いは、一般的なターンベースストラテジーと変わらない。
こちらのターンが完了すれば、次はエイリアンのターンになる。
闇に潜むエイリアンに先に発見されて撃たれるか、それとも部隊の能力と貴方の戦術を駆使して先に撃ち倒すか、敵の居場所が最初から丸見えというわけではないため、常に緊張したプレイを楽しむことができる。

どの兵士も、”しゃがみこむ”と”監視”が可能となっており、この2つの動作は基本中の基本であり、作戦を成功させるためには忘れてはいけない。
どのターンでエイリアンが出現してもいいように、全ての兵士は常に臨戦態勢を取っておく必要がある。
予想外のターンでエイリアンから撃たれても、”しゃがみこむ”をしっかりやっていれば、被害は最小限に抑えることができるだろう。
無防備な兵士が撃たれそうになった時、”監視”のおかげで助かることもあるだろう。
兵士の命を粗末にすることは、指揮官として失格である。
だが、指揮官である以上、作戦のためには「名誉ある死」の選択を迫られることがあるかもしれない。

xcom-enemy-unknown-review-005 戦場は平面ではない。高低差があり、これは命中率にも影響する。
スナイパーなら高い場所へ行き、他の兵士を遠距離からバックアップすることもできる。
ただ、状況をよく考えないと、いわゆる「芋虫」となってしまうので注意しなければならない。
戦闘では、やりたいことがほとんどできる。
兵士の人数を6人まで増やせば、さらに戦術を練ってエイリアンと戦うことが可能になる。
ターン数を気にしなくていいミッションなら、ゆっくり時間をかけて部隊を動かしていけばいい。

戦闘以外も大事

xcom-enemy-unknown-review-003 部隊を操作し、エイリアンと戦うだけがXCOM Enemy Unknownではない。
XCOMの司令部は、蟻の巣のような形をしており、穴を掘ってスペースを作り、そこに施設を建設することができる。
それぞれの施設には電力が必要となっているため、火力やエレリウムなどの発電所の建設は必須である。
何も考えずに空いた場所に施設を建設してもいいが、施設には隣接ボーナスがあるため、それらを考えて建設するほうが良い。
細かいことかもしれないが、無駄に資金を減らすことはXCOMの危機に直結し、世界の平和を守れなくなってしまうことになる。
よく考えてほしい。もし実際にエイリアンが攻めてきて、それと戦うはずの組織が資金不足に陥ってしまったがために、あなたやあなたの家族がエイリアンに殺されてしまうなんて悲しすぎるだろう?

xcom-enemy-unknown-review-004 他国との関係も非常に重要である。
エイリアンと戦うXCOMのメンバーを見るとわかるように、世界各国が協力して成り立っている。
これはアメリカvsエイリアンではなく、地球vs宇宙人なのだ。
評議会に参加している国は、アメリカ合衆国・カナダ・メキシコ・アルゼンチン・ブラジル・エジプト・南アフリカ・ナイジェリア・イギリス・ロシア・フランス・ドイツ・中国・日本・インド・オーストラリアの16ヶ国となっている。
エイリアンは人間を襲うわけだから、イギリスに出現して人々を拉致したり、中国の上空に巨大なUFOが出現したり、平穏な日々は二度と訪れないんじゃないかと思えるほど、世界はパニック状態になっている。

面白いのは、エイリアンの拉致は一度に数カ国で発生することで、どの国に部隊を派遣して助けるかの選択をしなければならない。
当然助けてあげることができなかった国はパニックになり、そしてパニックレベルが最大になることで評議会から脱退されてしまう。
とりあえずエイリアンを倒せばいいんだろ?なんて考えで遊んでいると、気がつけば脱退する国が増えてゲームオーバー(8ヶ国脱退)に至ることになる。
この国との関係は、エイリアン退治よりも困難かもしれない。

XCOM Enemy Unknownの感想

xcom-enemy-unknown-review-006 例えばUFOが出現して撃墜した場合、墜落現場に部隊を派遣して調査させ、発見したエイリアンを捕獲し、そして研究室でエイリアンの研究を行い、新たな知識を得て武器などを開発することができる。
また、戦闘で獲得した物を、他の国が要求してくることもある。
戦闘での勝利はXCOMをより強くし、そして他国との関係をも保つことができる。
エイリアンと戦うだけではなく、そこに他国との関係が加わることで、何度遊んでも飽きない魅力が生まれているんだと思う。

iOSのゲームの中で1700円は高いかもしれないが、一般的なゲームの価格としては安い。
ストラテジーゲームが大嫌いという方にはおすすめできないけど、そうじゃないなら買って損しないはず。
この週末は、世界の平和を守るために戦ってみませんか?

購入を迷っている方向けに、動画をアップしておきました。
日本語の具合や、戦闘シーンなどを確認できます。

対応デバイスは、iPad 2 以上・iPad mini・iPod touch 5・iPhone 4S以上となっております。
※iPad miniでクラッシュする問題が発生しているようです。

現在の価格は1,700円となっております。
価格などは変更される可能性がありますので、ダウンロード前にストアにて価格と対応デバイスを最終確認お願いします。

こちらからもダウンロード可能です

販売元: 2K Games
(c) 2007-2013 Take-Two Interactive Software, Inc. Take-Two Interactive Software, Inc., 2K, 2K Games, Firaxis Games, XCOM, and XCOM: Enemy Unknown, and their respective logos are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc.

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr

スポンサーリンク

spacer-15x15

Riptide GP2のティーザートレーラーが公開中
Aralon: Sword and Shadow HDがセール中

spacer-15x15

About The Author

じめじめとした洞窟の中で暮らしています。

2 Responses

  1. Noimage

    お互いが監視状態での
    打ちまくりが’きゃっきゃうふふ’感が
    溢れてて一発で虜になりました(笑)

    返信

Leave a Reply

Your email address will not be published.